いかり肩の人は腰痛になりやすい

腰痛を早く治す方法

いかり肩の人は腰痛になりやすい!その理由とは?

いかり肩は、肩の部分が張っており上がっている状態の方になります。

 

ちなみにいかり肩の方は女性よりは男性の方に多いようですね。

 

いかり肩の方はなで肩の方に比べて、肩や首、腰などにトラブルが生じやすい傾向にあります。

 

肩の構造は非常に複雑で、腕の動く範囲は肩関節と肩甲骨の動きで決まるようになります。

 

いかり肩は肩関節の位置が普段から高い位置にあり、首の後方の筋肉の発達によって方が引き上げられている場合があります。

 

いかり肩の方が腰痛になる理由と腰痛の種類

 

2014y12m03d_162309214

 

いかり肩の方は、肩や腕に力が入りやすいという特徴があります。

 

肩の力を抜くと、普通は肩をストンと下に落とすという方が多いと思います。

 

いかり肩の方の場合は、元から高い位置にあるので、ちょっとした事で力が入りやすくなります。

 

最初は軽い肩や首のコリくらいの症状なのですが、徐々に肩甲骨の動きが悪くなってきたり五十肩や、背中の張り、腰痛と症状が悪化してしまいます。

 

いかり肩の方の場合は筋筋膜性の腰痛が多くなります。

 

肩が硬い状態だとやはりそこから悪い影響が伝わっていくようですね。

 

肩こりの人は腰に異常が多いという現実があることからも、肩が非常に大きな影響を与えているというのは、間違いないというのは何となく理解できるのではないでしょうか。

 

いかり肩は日本人にはそこまで多くはないですが、それでも意外な盲点になるかもしれない部分なので、もしそうならしっかりと改善に取り組むようにすることが大事になってくると思います。

 

※肩が原因でも腰痛になる

 

いかり肩ということで、腰とは関係ないと思っている方もいると思いますが、原因はそこだけではないということがよく分かると思います。

 

いかり肩というのは体質的なものなので、改善するというのは難しいので、普段からあまり肩に力を入れないようにリラックスすることを心掛けるようにしましょう。

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ :   

こんな人は腰痛になりやすい こんな人は腰痛になりやすい 上体が力みがちな人

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る