ぎっくり腰の再発を繰り返している

腰痛を早く治す方法

ぎっくり腰の再発を繰り返している

ぎっくり腰は誰でもなる可能性がある急性の腰痛疾患として有名ですが、中には何度もぎっくり腰を再発している人が多いです。

 

再発を繰り返している人は結構多く、実際に年に2、3回再発している人もいます。

 

ぎっくり腰はクセになりやすいといわれているので、再発の可能性は高いですが、どうすればいいのでしょうか?

 

正直言ってぎっくり腰になった人は分かるのですが、再発はかなりしんどいと思います。

 

一回なってしまうと普通に数日は動けなくなってしまうので、仕事や家事にも支障をきたす重大な問題です。

 

どうしてぎっくり腰は再発する

 

2014y05m29d_153012948

 

ぎっくり腰のような強い腰の痛みを経験すると、痛みが起こることに恐怖を覚えてしまってすべての動作を恐る恐るゆっくりと行うようになります。

 

また人によっては痛いときを思い出して、コルセットを常時着用している人もいるのではないでしょうか。

 

コルセットに精神的にも肉体的にも依存してしまっているとしたら、これは問題と言えると思います。

 

コルセットを常用していると全身の筋力低下が進んで、ますます再発の危険性が高くなってしまうからです。

 

さらに「ゆっくりとした動作だから大丈夫だ」という保証もなく、椅子から立ち上がる瞬間や後ろを振り向いた瞬間など、ちょっとした動作でもぎっくり腰の再発は起こってしまいます。

 

人によっては「少し寝てれば大丈夫」と楽観的に考えている人もいますが、それは本当でしょうか。

 

ぎっくり腰と一口に言っても、色々な症状があり、動けなくなるような強い症状を繰り返していると、徐々に腰の安定性が崩れていきます

 

さらに腰部の変形を強めてしまって、将来別の腰痛疾患が発生したり、より重い症状になってしまったりする危険性が高まってしまいます。

 

ぎっくり腰の原因を考える

 

まずは起こした動作を考えてみましょう。

 

そこから腰部にどのようなストレスが加わったのか考えるようにして、そのストレスを回避するような安全な動作を習慣化させることが大事です。

 

私も発症したときのことを思い出して、あまり負担のかからないような動作をするように心がけるようにしています。

 

ただ仕事でそういうことが起こってしまうと、どうしてもそれを回避するのが難しいというケースがあると思います。

 

そういう場合には、普段からできるだけ筋力をつける努力をして、筋肉という天然のコルセットを作ってしっかりと予防するように努めるのが大事になってきます。

 

またその動作をしっかりと実践できるような筋力や柔軟性もつけることが大事になってきます。

 

下記ではぎっくり腰だけでなく、腰痛全般に効果のある、専門科による改善方法を紹介しています。

 

改善のプロによるマニュアルになっており、しっかりとサポートもついているので安心して実践することが可能になります。

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ :  

腰に関する疾患情報 ぎっくり腰 腰に関する疾患情報

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る