ぎっくり腰の炎症が治まる目安とリハビリ

腰痛を早く治す方法

ぎっくり腰の炎症が治まる目安とリハビリ

ぎっくり腰になったばかりの場合は、応急処置が必要になってますが、それからの対処法について下記からご覧ください。

 

ここでは炎症が鎮まったときのぎっくり対処法について載せています。

 

応急処置ばかりに目が行きがちですが、こういったことを癖にしないためにもしっかりとした対処法を知っておきましょう。

 

ぎっくり腰の痛みは安静にしすぎて、体を動かすことを忘れることがありますが、必要以上に長期にわたって安静にしがちです。

 

ぎっくり腰のリハビリについて

 

2014y06m05d_151738147

 

ぎっくり腰になると安静が大事だといわれていますが、安静にしすぎるのも問題です。

 

長期の臥床による安静は、背筋の筋スパズムを強めてしまって、かえってぎっくり腰の治りを遅らせることがあります。

 

また全身の筋肉も柔軟性を失って、どんどん弱くなってしまいます。

 

こういったことを防ぐためには、発症から2、3日経って炎症が軽くなったら徐々にリハビリを開始する必要があります。

 

炎症の軽減は、安静時の痛みの軽減を目安にすると分かりやすいと思います。

 

この場合の目安とは、横になって安静にしているときの痛みが鈍痛になり、動こうとしなければ鋭い痛みが走らない状態をいいます。

 

こういう状態ならばある程度炎症は落ち着いていると考えていいと思います。

 

他の疾患の症状でも言える事なのですが、痛みが引いたらリハビリを行うのは規定路線だと考えていいと思います。

 

治して終わりではなく、その後にどうやって再発させないかが大事になってくるのです。

 

多くの人が痛みが引いたらそれで終わりだと考えているので、慢性化してしまったりしているのだと思います。

 

改善するなら徹底的に行うようにしましょう!

 

また下記では自分でしっかりと改善するための有料マニュアルを紹介しています。

 

専門家による腰の痛みの対策マニュアルになっており、金額に見合うくらい効果の高い方法が紹介されています。

 

またマニュアル作成者によるサポートもついているので安心して取り組めます。

 

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ :  

腰に関する疾患情報 ぎっくり腰 腰に関する疾患情報

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る