ぎっくり腰の症状の詳細と原因

腰痛を早く治す方法

ぎっくり腰の症状の詳細と原因

ぎっくり腰は突発性の腰痛のため原因がよくわからない非特異的ケースだと言われています。

 

ぎっくり腰の場合は痛めた部位によって痛みの生じる動きが違ってきます

 

発症すると、起きることもしんどくなると思いますので、炎症が治まる3日程度は安静にしておく必要があります。

 

エクササイズは安静後に行うようにしましょう。

 

ぎっくり腰の原因について

 

2014y04m03d_153249012

 

ぎっくり腰はこれと言った原因はなく、あるとき突然起こることが多いです。

 

ただ腰への負担や、腰への疲労が蓄積されて発症することが多いようです。

 

具体的には、バランスの悪い姿勢で重い荷物を持ち上げようとして発症したというケースがあります。

 

他にも長時間の車の運転後に、車から降りようとした時に発症したというケースもあります。

 

上記のように負担や、疲労の蓄積には注意が必要です。

 

また、ぎっくり腰は夏が終わる9月半ばから10月にかけて発症することが多いのが特徴です。

 

夏場の水分不足や疲労が蓄積して、気温の変化も相まって負担がかかりやすくなります。

 

私も経験があり、前日に激しい運動をした後に、朝お風呂に入って脱衣所で体を拭いている時に激痛が走り発症しました。

 

思ってもいない所で、突然発症することがあるので注意が必要です。

 

特に外出先で異変を感じたらすぐに対処するようにしましょう。無理するとさらに症状が悪化するので注意が必要です。

 

※ぎっくり腰は突然発症する!

 

私自身も経験があることなのですが、疲労の蓄積による発症の場合はある日突然発症することがあるので注意が必要です。

 

私の場合は発症して数十分くらいで歩けなくなるくらい痛みがひどくなったので、その日から3日間くらいはずっと安静にして過ごしました。

 

発症した場合は速やかに安静にするようにしてください。

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ :  

腰に関する疾患情報 ぎっくり腰 腰に関する疾患情報

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る