ぎっくり腰を治す具体的な方法を紹介

腰痛を早く治す方法

ぎっくり腰を治す具体的な方法を紹介

ぎっくり腰はある時突然に発症する突発的な症状なので、誰にでも発症する可能性のあるケースと言えると思います。

 

特に疲労の蓄積や気温の変化があると発症する可能性が高まるので、負担はできるだけ抑えるようにするのがいいです。

 

では具体的にはどのような方法でぎっくり腰を治していけばいいのでしょうか?

 

まずは下記から具体的な治す方法をご覧ください。

 

ぎっくり腰になった時に治す方法

 

もしぎっくり腰になった場合は、すぐに安静にすることが大事になります。

 

ぎっくり腰は簡単に言うと炎症なので、まずは安静にすることが非常に大事です。

 

まずは3日くらいは安静にしておく必要があります。

 

どうしても動く必要がある場合はコルセットなどで腰を固定するようにすると、痛みが多少和らぎます。

 

ある程度痛みが引いたら、反ると痛むのか、曲げると痛むのか、ねじると痛いのかによってエクササイズを実践するといいです。

 

ぎっくり腰になったら注意したい事

 

2014y04m04d_155112996

 

ぎっくり腰の経験のある人は、再発に注意することが大切です。

 

治った直後は姿勢にも注意するようにしましょう。またこの期間に負担がかかり過ぎないような姿勢や動きを身に付けるといいと思います。

 

そうすることによって別の原因からくる異常を予防することもできます。

 

またこれによって腰椎や椎間板などの周辺組織にも画像では診断できないような微妙な変化が起こっている可能性があります。

 

一度なると再度発症する可能性が高くなる症状なので、その後の生活が非常に大事になってきます。

 

私の場合は万が一の場合にコルセットなどを用意して一応備えているというような状況です。

 

コルセットがないとトイレにいくのも不便な状態になるので一つは用意しておくといいと思います。

 

しかし上記のように、姿勢や生活習慣に注意することによって自然と治ってしまいます。

 

※ぎっくり腰は安静が一番

 

ぎっくり腰の場合は安静にしていれば、自然と痛みはなくなってくるので、まずは安静にするようにしましょう。

 

その後でエクササイズをするといいいというのは他の症状と同じです。

 

痛みがある程度引いたばかりの時はコルセットなどを利用するといいです。ただコルセットをつけるのが習慣化しないようにしましょう。

 

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ : 

腰に関する疾患情報 ぎっくり腰 腰が痛い方必見!腰痛を治す方法

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る