ふくらはぎの筋肉が弱い人は腰痛になりやすい

腰痛を早く治す方法

ふくらはぎの筋肉が弱い人は腰痛になりやすい

ふくらはぎの筋肉が弱いという事で腰痛がおこるということについてピンとこない人も多いのではないでしょうか。

 

実際ふくらはぎと症状にはどのような関係があるのかわからないという方も多いと思います。

 

また、ふくらはぎの筋力不足からの腰痛はどんな方に注意が必要なのかも気になると思います。

 

 

まずは下記から詳細情報をご覧ください。

 

ふくらはぎからの腰痛は年配女性に多い

 

2014y12m04d_224314485

 

年配女性に多く見られるのが、ふくらはぎの筋肉の弱さが原因でおこる症状になります。

 

ふくらはぎは足首を伸ばす時や、ひざを曲げる時などに使用される筋肉になります。

 

この足を伸ばす筋肉と、ひざを曲げる筋肉が一つになってアキレス腱としてかかとにつながっていきます。

 

歩くことや、走ること、ジャンプする際の動作にかかわる非常に重要な筋肉なります。

 

ふくらはぎと腰痛との関係

 

ふくらはぎの筋肉が硬くなって血行がが悪くなると、体全体の疲れが下腿の筋肉に蓄積されやすくなります。

 

運動不足や加齢によってこれらの筋肉が弱くなってしまうと、体をしっかりと支えられなくなってしまって、姿勢も悪くなります

 

姿勢が悪くなると骨盤や背骨が歪んでしまったのが原因になってくるのです。

 

※意外と知らない人が多い

 

ふくらはぎと腰痛が関係があるという事を知らない人は多かったのではないでしょうか。

 

確かにふくらはぎは歩く際の姿勢に大きな影響を与えそうな筋肉なので、重要そうな感じはしますよね。

 

やはり姿勢がどれだけ症状と密接なのかがよくわかります。

 

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ : 

こんな人は腰痛になりやすい こんな人は腰痛になりやすい 筋力不足や筋肉のバランスが悪い

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る