腰痛での椅子の座り方の注意点と対策

腰痛を早く治す方法

腰痛での椅子の座り方の注意点と対策

腰痛が生活習慣からくるという事はこれまで、当サイトの記事で何度も紹介していきました。

 

その中でイスに座る姿勢というのは非常に重要な要因と言えると思います。

 

そんな重要な要因である姿勢の中でもイスに座る姿勢というは、普段から非常に多い動作なので重要な姿勢のファクターと言えるのではないでしょうか。

 

特に仕事でデスクワークの多い人にとっては、イスに座る姿勢を治すだけでも原因をかなり緩和できるのではないでしょうか。

 

実際、長時間座っているだけでもは大きな負担がかかってきます

 

さらにパソコンでディスプレイを見ていると、キーボードで打ち込む等の作業にも眼精疲労が加わり、首や肩にも疲労がきます。

 

理想的なイスに座る姿勢とは?

2014y12m16d_214008749

 

イスに座る姿勢で重要なのは基本的に立っている時と同じで、頭の位置と仙骨のバランスが重要になってきます。

 

背筋を伸ばしてアゴを引いて、背骨から頭までが骨盤の上にまっすぐ乗った姿勢が理想の姿勢になります。

 

  • 正しいイスの座り方と姿勢
      • 足(ひざ)をそろえる
      • ひざ、太ももと腰の角度を90度に保つ
      • お腹をまっすぐ伸ばすようにする
      • アゴを引いて頭をまっすぐにする

     

    やりがちなイスに座る悪習慣

     

    腰に悪い影響を与える、イスに座る悪習慣というのは非常に重要になってます。

     

    イスに座っていると自然にやってしまう事で、例えば「つい机にひじをついていまう」、「気が付くと足を組んでしまっている」という方は多いのではないでしょうか。

     

    同じ側の肘をずっと付いていたり、同じ側の足をずっと組んでいたりすると、体の左右のバランスは確実に乱れます。

     

    他にもイスの高さや机の高さが合わないことで、体の歪が生じることも少なくはありません。

     

  • イスに座る悪習慣の一例
          • 背中が丸まる
          • 浅く座って骨盤を倒す
          • 机と体が平行ではない
          • 片ひじをつく
          • 足を組む
          • イスや机の高さが合わない

     

    上記のような悪習慣を見ると、思わずやってしまっている方も多いのではないでしょうか。

     

    そうして考えると誰でも腰痛になる可能性があるということがよく分かります。

     

    座った姿勢での腰痛予防対策

     

    2014y07m12d_142747958

    座った際の姿勢での予防にはいくつかポイントがあります。

     

    上記のようなイスに座る差異の悪習慣と合わせて参考になるのではないでしょうか。

     

    まずは足を組まない場合は、左右均等に重心を乗せるようにすることを心がけることが大事になってきます。

     

    また日ごろから足を左右交互に組みかえることを習慣化して不得意な組み方を作らないようにすることが必要です。

     

    イスを選ぶ際に、足の裏をぴったりとつけた状態が保てる高さのイスを選ぶようにして、股関節前面の筋をリラックスできるようにしましょう。

     

    座った姿勢が続き過ぎないように、定期的に立ち上がったりして、お尻の筋肉のストレッチなどをして、腰部の筋の緊張をほぐすように心がけてみましょう。

    youtuutisakusabisusyouhin
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_youtsuukaizen_600x300

     

    タグ : 

    日常生活で注意が必要な習慣 イスに座る姿勢 日常生活で注意が必要な習慣

    この記事に関連する記事一覧

    TOPへ戻る