ウォーキングやジョギングで腰痛改善

腰痛を早く治す方法

ウォーキングやジョギングで腰痛は改善する?

2014y01m07d_210522890

ウォーキングをすることによって腰回りの筋肉をほぐして、運動不足を解消すると、腰痛も一緒に改善するという噂があります。

 

予防や改善目的で、ジョギングやウォーキングをしている人は実際に結構います。

 

腰回りの筋肉を鍛えることで症状を防ごうとするのが目的になっているようです。

 

実際にウォーキングやジョギングで症状を防ぐことはできるのでしょうか?

 

ジョギングやウォーキングによって運動不足を解消するということは体には非常にいい事です。

 

運動不足にならないという事は腰痛予防には非常にいい事です。

 

しかしあくまでも予防に効果的という事です。

 

現在既に腰痛という場合には

2014y11m30d_214804148

 

すでに腰痛が発症しているという方にはウォーキングやジョギングによって症状を悪化させてしまうケースもあります。

 

病院で原因不明と診断される症状の多くは、筋肉の疲労によって引き起こされる場合が多いです。

 

運動をしてないのに、筋肉疲労というと矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、動かないでいる間も無意識に筋肉は使っているのです。

 

こういった事が原因で症状が発生している場合はウォーキングやジョギングによって、さらに筋肉に疲労を与えてしまうと逆効果になるというのは想像できますよね。

 

また色々な症状があり、姿勢がいい人に起こる腰痛もあります。その代表的なものが「脊柱管狭窄症」というもので、背筋をまっすぐにすると痛みが走ります。

 

そういった方が正しい姿勢でウォーキングをすると痛みがまして症状が悪化してしまいます。そういった方の場合はむしろ猫背の姿勢をとった方がいいです。

 

このように腰痛予防の為のウォーキングやジョギングはいい事ですが、すでに症状が出ている人の場合、ウォーキングでそれが改善するというのはウソという事になります

 

あくまでもウォーキングなどは状態がよくなってから行うようにするのが基本と言えるかもしれないですね。

 

こういったことも知らないで何となく症状改善に役立つと思って安易にやっていたという人もいるのではないでしょうか。

 

ウォーキングで腰痛を改善する際のポイント

2015y09m10d_212934404

ウォーキングは手っ取り早く行うことができるので腰痛改善の運動としては非常に取り組みやすく手軽に出来ると思います。

 

ただウォーキングを行う際には基本的な姿勢などのポイントがあるのでしっかりと理解して行うようにするといいです。

 

  • 体全体のフォーム
  •  

    ・壁と背中合わせに立つ

    ・あごを引いて、視線を数メートル先に置く

    ・そのままの姿勢で歩き出す

     

  • 上半身のフォーム
  •  

    ・両腕を90度前後に曲げて、力を抜いた状態で手のひらを軽く握る

    ・胸の前から腰の横部分までの範囲で、こぶしが行き来するように意識しながら手を振る

     

  • 下半身のフォーム
  •  

    ・支え脚で地面を蹴っていく場合、必ず振り出し脚はかかとから着地するようにする。正面から足裏が見える状態にするのがポイント。

     

  • 歩き方の癖を見つける
  •  

    ・靴底に水をつけて、乾いた所を歩いて、踏み出す脚の方向性や歩き方の癖を見つけよう。

    ・通常の進行方向に向かって両かかとの中央の点を結んでいくと直線ができあがるのが普通。

    ・脚の開きは直炎に対してつま先部がやや外側10度前後に開いているのが一般的。

    ・早く歩くことを意識すると歩幅が広がるので、かかとはほぼ直線上をあるくようにある。

     

    ウォーキングでは上記のような歩き方や歩き方のを癖を意識して歩いてみるといいと思います。

     

    手軽に出来るウォーキングだからこそ、ちょっと意識をするだけでも大分違ってきます。

     

    また当サイトでは腰痛の改善方法についても載せているのでよかったら参考にして見てはどうでしょうか。腰痛の専門家による有料マニュアルがあり、専門家にアドバイスをもらいながら腰痛改善をすることができます。

     

    エアロバイクによる運動療法とは

    2015y10m15d_153210446

     

    エアロバイクなどによって運動療法を行う人もいると思います。

     

    エアロバイクによる負荷のかけ方には主に電動抵抗タイプベルト抵抗タイプの2種類があります。

     

    どちらのタイプであっても運動中自分自身で自由にペダルの負荷を変えることができるので自分にあった付加の強さで行うようにするといいです。

     

  • イスの高さの調整
  •  

    イスの横に立った際に、ズボンのポケットから腰の位置くらいを目安にしてイスを調節するようにするといいです。

     

    通常はイスに座って足を下に踏み込んだ際にひざ関節が少し曲がる程度の位置が適切だといわれています。

     

    ひざ関節に痛みがあるときに、エアロバイクを利用する場合には少し高めにセットしてひざ関節の曲がる角度を和らげるようにするといいです。

     

  • 上体の姿勢について
  •  

    ハンドル位置を腰を反らせることなく上体を真っ直ぐに保つようにして、さらに胸からへそあたりの高さくらいに腕が固定できるように調節するようにしましょう。

     

    腰痛でのエアロバイクではイスの高さや姿勢などに注意しながら行うと安全に行うことができるので参考にするといいと思います。

     

    トレッドミル(ウォーカーマシン)での腰痛運動療法

    2015y10m15d_153245313

     

    トレッドミルの駆動方式には主に電動タイプ自走式タイプがあります。どちらのタイプでも自分で自由に速度調整をできるものを選ぶようにするといいです。

     

  • トレッドミルでの姿勢
  •  

    気をつけの姿勢のときに、腰が強く反るような場合には、少し腹筋を緊張させるようにして腰の反りを抑えるようにするといいと思います。

     

    また腕は90度ぐらいに曲げて手は軽く握りこぶしをつくるくらいにしましょう。

     

  • トレッドミルでの歩き方
  •  

    歩き始めは普段から歩いているくらいのスピードから始めましょう。

     

    そして足を運ぶスピードを維持しながら、靴半分から1足分くらい歩幅を広げて歩きます

     

    歩幅を広げるのが困難な場合には、歩幅を元に戻して早歩きで歩くようにしましょう。

    youtuutisakusabisusyouhin
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_youtsuukaizen_600x300

     

    タグ :  

    腰痛改善の噂

    この記事に関連する記事一覧

    TOPへ戻る