ギックリ腰だと思ったら別の病気かもしれない

腰痛を早く治す方法

ギックリ腰だと思ったら別の病気かもしれない

ギックリ腰は結構よくあることで、いきなり腰に激痛が走ったら、ギックリ腰だと判断する人も多いと思います。

 

それぐらい腰痛と言えばギックリ腰と思うので無理ないです。

 

しかしギックリ腰だと思っていたけど、別の病気だったというケースもあります。

 

具体的にはどういうことなのでしょうか。

 

激しい痛みが起こるのはギックリ腰以外ではどのような場合が考えられるのでしょうか。

 

ギックリ腰ではない腰の激痛

 

2014y05m11d_150848575

 

腰に激しい痛みが走るのはギックリ腰以外の場合だと、圧迫骨折などや、腰部の神経の損傷などが考えられます。

 

ではどうやってそれを判断するのでしょうか。

 

まずは足を軽くつねってみたり、ペン先で軽く押してみるようにしましょう。

 

もしそれで皮膚に感覚がないようならすぐに医師の診断を受けるようにしないといけません。

 

神経に損傷がない場合であれば、痛みが落ち着くまで家で安静にしておいて、動けるようになったら医師にかかるようにするといいです。

 

病院の検査ではレントゲン検査などひととおりの検査を行って、診断を確定します。

 

特別な問題がない場合は、痛み止めの内服薬や座薬が渡されます。

 

そして自宅で安静にするように指示されると思います。

 

場合によっては腰を固定するコルセットも渡されることもあります。

 

コルセットは腰が痛いときには使っていてもいいですが、痛みがなくなったらすぐに使うのをやめましょう

 

使い続けていると腰の筋肉が弱くなるので、さらにギックリ腰になりやすくなります。

 

逆に筋力が強くなればそれだけ関連の疾患から遠ざかることができるので、筋力をつけるだけでも大きなメリットがあります。

 

強烈な痛みがあったらまずは皮膚にしっかりと感覚があるのか確認するようにしましょう。

 

まあ、圧迫骨折などの場合はその前に何か強烈な刺激などがあるのが普通だと思うので予想はつくと思います。

 

ぎっくり腰の場合は、そういった前触れがない場合が多いでそういった発症した状況でも判断できるのではないでしょうか。

 

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ :

腰に関する疾患情報 ぎっくり腰

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る