ギックリ腰になった際の具体的な対処方法

腰痛を早く治す方法

ギックリ腰になった際の具体的な対処方法

ギックリ腰になった場合に一番大事なのは2、3日安静にすることになります。

 

まずギックリ腰になったと思った場合には、患部の炎症を抑えるためと、痛みを軽くするために、患部を冷やすようにします。

 

正直言ってギックリ腰になると動くことが困難になってくるので、どこでなったかが意外と重要になってきます。

 

ちなみにギックリ腰になった場合、さらしや腰痛用のサポーター式のコルセット、大きめの包帯などで骨盤から腰部に巻きつけて適度に圧迫すると、痛みが軽くなることがあります。

 

どうしても動かなければならない場合は、コルセットなどで固定してから行くといいと思います。

 

ギックリ腰のリハビリについて

 

2014y05m15d_154734153

 

ギックリ腰になったことのない人は、ギックリ腰ですぐに病院に行かなくてはと思う方もいますが、病院に行くのは痛みがひいてからにしましょう。

 

無理して痛みがあるうちに病院に行っても、痛み止めや湿布などが処方されるくらいなので、緊急性はないです。

 

痛みがある程度引いてからリハビリを始めるようにしましょう。

 

ギックリ腰になると、痛みへの強い恐怖から腰部の筋肉が異常に緊張して、それが原因で痛みからなかなか抜け出せないという状況に陥りがちです。

 

そのためリハビリはリラックスして行うようにするのが大事になってきます。

 

ちなみにギックリ腰になりやすい人は、もともと腹筋や背筋が弱い人に多いです。

 

そのため無理な姿勢を体勢をとると、再発する可能性があります。

 

そして筋力不足が原因になっていることが多いので、筋力を鍛えるということをすることが大事になってきます。

 

筋力を鍛える際には、いきなりがっつりとやってしまうと逆に悪化させてしまう可能性があるので最初はあまりハードではない方法で筋力トレーニングに取り組んでみてはどうでしょうか。

 

当サイトでも簡単なストレッチなどを紹介しているのでそれを実践するのもいいと思います。

 

あるいは痛みが慢性化しているのなら、専門家による有料マニュアルを利用して専門家に相談しながら、症状にあったストレッチを指示してもらいながら実践してみてはどうでしょうか。

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ : 

腰に関する疾患情報 ぎっくり腰 腰に関する疾患情報

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る