腰痛椎間板ヘルニアと腰部椎間板症の痛みが激しい時のエクササイズ法

腰痛を早く治す方法

腰痛椎間板ヘルニアと腰部椎間板症の痛みが激しい時のエクササイズ法

腰痛椎間板ヘルニアと腰部椎間板症と等の、腰を曲げると痛いというタイプの方に必見のエクササイズ方法を紹介しています。

 

腰を曲げると痛いという方は、反る動きを中心にして、腰や背中、おしりなどの筋肉をほぐすようにするといいいです。

 

また足腰の筋肉も強化するようにしましょう。詳細は下記からご覧ください。

 

痛みの発症直後の場合は、炎症がなくなっても激しい痛みが残っている事が結構多いです。

 

そんな時に負荷の大きいエクササイズをしてしまうと炎症が再発して症状が悪化してしまうケースがあります。

 

痛みが激しい時は負荷の少ないエクササイズをしよう!

 

痛みがある時はあまり動きたくないと思うのが当然ですが、動かないと患部周辺の筋肉が硬化してしまい、慢性的な症状に発展してしまう可能性があります。

 

そういう時は負荷が少ないエクササイズを行い、痛みがあるていど引いたところで、基本的なエクササイズをするようにしましょう。

 

  • ひじ立て(3~5分程度 2時間に1回位)

  •  

    1 まずは顔を横に向けて、うつ伏せの状態からスタートしてします。

     

    2 次に腰をリラックスさせたまま、肘を方の下に置いて上体を支え、3分から5分くらいその姿勢を保ちます。

     

    2014y03m11d_153545027

     

     

    たったこれだけのエクササイズになります。

     

    痛みが激しい場合は上記のような簡単で負荷の少ないエクササイズをするようにしましょう。

     

    簡単な方法なので是非試してみてはどうでしょうか。

     

    ※腰痛によってエクササイズの方法は違う

     

    上記の方法は腰痛椎間板ヘルニアや腰部椎間板症の場合の方法になります。

     

    具体的には腰を丸めると痛む場合の腰痛の場合にやるエクササイズと言っていいと思います。

     

    もし試してみて痛みがひどくなったり、違和感があるようならやらないようにしてください

     

    youtuutisakusabisusyouhin
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_youtsuukaizen_600x300

     

    タグ :   

    腰が痛い方必見!腰痛を治す方法 腰に関する疾患情報 腰椎椎間板ヘルニア 腰に関する疾患情報 腰部椎間板症

    この記事に関連する記事一覧

    TOPへ戻る