レントゲン検査でも異常が見つからない腰痛はある

腰痛を早く治す方法

レントゲン検査でも異常が見つからない腰痛はある

前にも説明しましたが、病院で検査しても原因がよくわからないという腰痛は多いです。

 

病院に行って、X線検査やMRIなどを行っても異常が見当たらずに、疲労による腰痛だと診断されるケースはあります。

 

そして湿布だけが処方されて途方にくれるということは、あなただけではありません。

 

むしろそういう場合のほうが多いのが現実なので、そこまで悲観することはないです。

 

実際病院で原因がわかる確立は50%以下なので、ほとんどの場合は病院に行っても原因はわかりません。

 

レントゲンやMRIでもわからない腰痛

 

2014y06m24d_151650448

 

病院などで原因のわかる疾患というのは、結構重症なケースが多いです。

 

ちなみに痛みの部分が腰背筋の疲労や炎症にあると考えられる場合は腰痛症と診断されることが多いようです。

 

構造的な問題が見つからない場合には、体の組織で壊れている部分がないので、修理する場所もありません。

 

そのため手術の必要はないです。

 

そういった症状の場合には、体の機能的な部分から原因を考えるようにするといいです。

 

具体的には普段の姿勢や、動き、柔軟性、筋力、体のバランスなどの部分に着目すると、心当たりがある部分があるのではないでしょうか。

 

そういった部分が痛みの原因になっていることが多いので、チェックしてみるといいと思います。

 

病院で原因がわからないと言われると不安になりますが、私も同じだったので改善方法探しにやっきになったものです。

 

慢性化しやすい疾患が多いので、そのままにせずにしっかりと当サイトを参考にして改善に取り組んでください。

 

当サイトではレントゲンでもわからないような疾患でも改善できる専門科のマニュアルを紹介しているので完治を目指しているなら利用してみてはどうでしょうか。

 

ちなみに専門家によるマニュアルでは無料診察券がついているものがあり、診察後にもメールサポートを利用しながら症状を相談できるので安心して取り組むことができます。

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ :  

腰痛の原因と治療法

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る