仙腸関節捻挫による腰の痛みを治すエクササイズ方法

腰痛を早く治す方法

仙腸関節捻挫による腰の痛みを治すエクササイズ方法

仙腸関節捻挫は少しの動きでなる可能性があるので、誰にでも発症する可能性があります。

 

ただ運動不足や姿勢が悪い人は発症し易いので、日頃の運動が大事なってきます。

 

それでも発症してしまった場合は、エクササイズで痛みを治すことが可能です。

 

ちなみにまだ痛みが激しい場合はこちらをご覧ください。

 

ある程度痛みが引いた後は、本格的なストレッチや関節を動かすエクササイズ方法を試すといいと思います。

 

まずは下記から具体的なエクササイズ方法をご覧ください。

 

  • テニスボールを使ったエクササイズ(1~3分間)

  •  

    2014y03m19d_154833719

     

    1 テニスボール2個をソックスなどに入れ、2個がバラバラにならないようにします。

     

    2 左右の仙腸関節の中心辺りにそれぞれボールが当たるように仰向けに寝て1分から3分で終了するようにします。体をリラックスさせ、3分以上は絶対に行わないようにしてください。

     

    上記を朝晩各1回やるようにするといいと思います。

     

    結構有名な方法ですが具体的にやり方を知らない人も多いのではないでしょうか。3分以上は行わないという注意点を知らないでやるのは良くないのでしっかりと確認してから行うようにしましょう。

     

  • 仙腸関節体操(5~6回)

  •  

    1 背筋を伸ばしてアゴを引いた正しい姿勢でイスに座る。

     

    2 つま先を浮かせ、かかとを支点にゆっくりつま先を近づけ、外に開く。

     

    これを5~6回繰り返し1セットにする。

     

    朝晩各1セット行うようにするといいと思います。

     

    ※単純な方法で手軽に行える

     

    テニスボールのエクササイズは家でないとできないと思いますが、仙腸関節体操は仕事の合間などでも手軽にできるので、試してみてはどうでしょうか。

     

    youtuutisakusabisusyouhin
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_youtsuukaizen_600x300

     

    タグ :  

    腰に関する疾患情報 仙腸関節捻挫 腰が痛い方必見!腰痛を治す方法

    この記事に関連する記事一覧

    TOPへ戻る