仙腸関節捻挫の特徴と原因とは?どんな人がなりやすいか紹介!

腰痛を早く治す方法

仙腸関節捻挫の特徴と原因とは?どんな人がなりやすいか紹介!

腰を曲げると痛むタイプの症状の一つである仙腸関節捻挫について紹介しています。

 

仙腸関節捻挫は腰を少し曲た前屈の姿勢で、ひねりの動きが加わった状態の時に発症し易い症状になります。

 

日頃の運動不足や姿勢の悪さによって筋肉が硬化していることが大きな原因として挙げられます。

 

具体的にはどのような方や、どのような時に発症するのでしょうか?

 

詳しい内容については下記を参考にしてください。

 

仙腸関節捻挫の原因とは?

 

2014y04m29d_153546400

 

仙腸関節捻挫は日常生活の中のちょっとした動作で発症するケースが結構あります。

 

例えば、バランスの悪い姿勢で重いものを持ち上げたり、顔を洗って上げたり、長時間の運転後に車から降りたり、といった動作で発症する靭帯や筋肉の炎症です。

 

具体的にはデスクワークや運転手などの、同じ姿勢を長時間続けているという人に起こりやすい症状になります。

 

また発症は午前中の朝に多いのも特徴です。

 

日頃の運動不足による腰回りの筋肉の硬化に加えて、寝ている間に筋肉がさらに凝り固まっているので、寝起きの朝に発症し易くなります。

 

エクササイズで痛みはなくなりますが、日常生活の習慣を変えないと根本的な解決はしないので合わせて習慣改善もひつ世になってきます。

 

またそうしないと再発する可能性が高くなります。

 

仙腸関節をを痛めることによって体のバランスが崩れてしまうので、他の疾患を引き起こす原因にもなってしまうので注意が必要です

 

※重度の疾患の原因にならないうちに改善を!

 

痛み自体はエクササイズでなくなるので、しっかりと生活習慣の見直しをするようにしましょう。

 

また仙腸関節捻挫によって、さらに重度の疾患にならないためにも、仙腸関節捻挫を一つの警告と受け取るようにして注意するようにしましょう。

 

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ :  

腰に関する疾患情報 仙腸関節捻挫 腰に関する疾患情報

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る