体の重心線で腰への負担が変わってくる

腰痛を早く治す方法

体の重心線で腰への負担が変わってくる

姿勢が腰痛に影響するのは有名ですが、その際に体の重心線を参考にするとわかりやすいです。

 

人がまっすぐ前方を見て立っているときには、体の重心線は、頭の頂点から肩、肘の前方、腰椎の後方、、股関節、膝、足のくるぶしのやや前方あたりを通ります。

 

これを基本にして考えてみましょう。

 

ちなみに骨盤傾斜角は通常の場合は30度とされています。

 

この状態からお辞儀をしていくと重心は当然、移動していくことになります。

 

腰を曲げると腰椎に負担がかかる

 

2014y04m22d_155815643

 

膝を曲げた状態でお辞儀をすると、腰椎の前弯は少なくなり、骨盤が傾斜します。

 

このときの重心線は、腰椎の中ほどから股関節と膝関節の前方、かかとあたりを通ります。

 

さらに深く曲げると後弯となり、骨盤はさらに大きく傾斜します。

 

重心線はかかとを通りますが、股関節はその重心線より後ろに位置するようになります。

 

これら曲げた状態では背骨やおしりの筋肉、ふとももの後ろの筋肉(ハムストリング)、腓腹筋を緊張させてバランスをとろうとします。

 

これよりさらに深くおじぎをすると、これらの筋の緊張はさらに大きくなります。

 

やがて時間の経過とともに披露し、その疲労が、痛みを起こさせるようになります。

 

腰椎には常に上半身の体重の負担がかかるだけでなく、動作などによるストレスが絶えず加わり、痛みを起こしやすい状態にあるといえます。

 

そのため腰を曲げる作業が多いような仕事をしている人は注意が必要だということがよくわかると思います。

 

※体の重心線で腰の状態を見よう!

 

長時間曲げるような仕事をしていると、それだけ体の重心線が崩れてるので痛みに発展しやすくなります。

 

そう考えるとパチンコ店の店員などは重い玉のケースなどを持ち歩いたりすることが多いので、異常で退社するという話を聞いたことがあります。

 

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ : 

腰痛の基本情報

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る