体を伸ばすと痛む伸縮型腰痛の対処法

腰痛を早く治す方法

体を伸ばすと痛む伸縮型腰痛の対処法

伸縮型の腰痛は椅子から立ち上がったり、高い場所のものを取ろうとしたりして、腰を伸ばすと痛む場合の症状になります。

 

ではこういった伸縮型の腰痛はどのように対処していけばいいのでしょうか。

 

伸縮型の場合は体を伸ばす際に、股関節を伸ばすときに制限されて、それを補おうとして腰椎に負担がかかることで痛みます。

 

こういったことを防ぐためには、骨盤が上手に後傾させる必要があり、そのために腹筋が重要な役割を果たします。

 

伸縮型腰痛を起こしやすい人

 

2014y07m12d_142900430

 

伸縮型腰痛を起こしやすい人は、腹筋の緊張を高めるのが下手で股関節が硬かったり、股関節の伸展を行う大殿筋の筋力が弱い、さらには腰の後ろのカーブが強いなどの特徴があります。

 

具体的な対処法と予防法は下記のようになります。

 

  • 股関節前面の筋肉を十分にストレッチする
  •  

  • 腹筋を強化して、腰椎前弯増強を防ぐ
  •  

  • 殿筋や上部の背筋を強化して、腰椎よりも股関節や胸椎を反らせやすくする
  •  

  • 望ましい動作パターンを習得する
  •  

    上記のポイントを押さえておくようにすると効果的です。

     

    対処方法を見るとやはり筋力の強化が大事だと言うことが分かります。

     

    腰関連の疾患の多くに言えることですが、筋力の強化はこういった症状には非常に効果的です。

     

    ただやりすぎて逆に痛めてしまっては意味がないのである程度無理せずに行うようにすることが大事になってきます。

     

    最初は簡単なストレッチから取り組んでみてはどうでしょうか。

     

    体を伸ばすと痛むと言う場合には上記の方法を心がけてみてはどうでしょうか。

     

    基本的な流れなのでしっかりと理解しておくといいです。おそらく慢性化している人もいると思うので簡単にできることから取り組むようにしてみてはどうでしょうか。

    youtuutisakusabisusyouhin
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_youtsuukaizen_600x300

     

    タグ :  

    腰が痛い方必見!腰痛を治す方法

    この記事に関連する記事一覧

    TOPへ戻る