肩を痛めたり体幹の筋肉が弱い人は腰痛になりやすい

腰痛を早く治す方法

肩を痛めたり体幹の筋肉が弱い人は腰痛になりやすい

肩を痛めたり、肩こりで悩んでいる人はそこから腰痛になることは結構あります。

 

また体幹の筋肉が弱い人の場合は正しい姿勢を保つことができないので、何もしてない状態でもなる可能性が高いです。

 

具体的にはどのような影響や改善方法があるのでしょうか?

 

まずは下記から詳細情報をご覧ください。

 

体幹の筋肉が弱い場合の腰痛の予防と改善法

 

体幹が弱いと正しい姿勢が維持できないので、日常生活に必要になる最低限の筋肉をつけておく必要があります。

 

筋力不足の方は、正しい姿勢を維持するだけでもトレーニングになるので、姿勢を意識するだけでも大分違ってきます。

 

まずはアストリートのような負荷の高いトレーニングではなく、体に無理のない範囲の軽いトレーニングから始めるようにしましょう!

 

肩こりや肩を痛めた経験がある場合の腰の異常の予防と改善法

 

2014y04m15d_154651715

 

過去に肩を痛めた経験があったり、四十肩や五十肩で悩んでいる人は腰痛になりやすい傾向にあります。

 

今現在、肩にトラブルを抱えている方はそこから発展させないためにも、まずは肩の治療を優先的に行うようにしましょう。

 

過去に肩を痛めた経験のある方は、肩甲骨周りの筋肉の動きが悪くなっている可能性があります。

 

肩甲骨周りの筋肉の柔軟性を高めるトレーニングをするようにしましょう。

 

また肩甲骨まわりのインナーマッスルの筋肉が弱っていると肩のトラブルを起こしやすくなります。

 

ストレッチと合わせて筋力を高めるといいです。

 

筋力は加齢によって誰にでも起きることなのでしっかりと対策に取り組んでおくとは大事だと思います。

 

体幹は鍛えることができるのでしっかりとインナーマッスルを鍛えることでかなり予防効果を期待することができます。

 

具体的なトレーニング方法については当サイトを参考にするといいですが、当サイトでは専門家によるマニュアルを紹介しているのでそれを利用して自分にあったトレーニング方法を実践してみるのもいいのではないでしょうか。

 

※筋力を鍛えて姿勢を維持しよう!

 

体幹や肩の痛みなどの場合には、筋力の維持は非常に大事になってきます。

 

筋力の柔軟性と筋力を鍛えることは予防するには非常に大切なことになります。

 

まずは筋力を鍛えることによって予防するようにしましょう。

 

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ :   

生活習慣の改善で腰痛の再発防止

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る