内反小趾と腰痛との関係

腰痛を早く治す方法

内反小趾と腰痛との関係とは

内反小趾という言葉を聞いたことのある人はそんなに多くはないと思います。

 

具体的にはどのような足の形が内反小趾になっているのでしょうか。

 

外反母趾とは逆に小指が薬指側に曲がってしまっているのが「内反小趾」になっています。

 

こちらも遺伝や病気で起こることがあるようですが、後天的には生活習慣が原因になることが多いです。

 

内反小趾は外反母趾と同様に靴が原因でおこることが多いです。

 

これも外反母趾と同じですが、ハイヒールを履く習慣のある女性に多いようですね。やはり靴による圧迫が原因になっている事が多いです。

 

また内反小趾と外反母趾が併発することも結構あるようなので、靴を選ぶ際には注意が必要になります。

 

内反小趾と効果について

2014y12m04d_223228207

 

具体的にどのような方に内反小趾が起こりやすいのか気になっている方も多いのではないでしょうか。

 

内反小趾は重心のバランスが足の外側にズレている方などに起こりやすくなります。

 

そして指の変形に伴って痛みが生じてきます。

 

そして歩き方や筋力、骨格などに影響が出てきます。これは外反母趾と同じです。

 

歩き方や筋力、骨格の影響によって腰痛が発生するというのは十分考えられる事です。

 

歩き方に影響を与えるという事は、歩く姿勢に影響を与えるという事になります。

 

歩く姿勢は腰痛と大きな関係があるので、注意するようにしましょう。

 

発症する前に、内反小趾の方は一度整形外科で見てもらってはどうでしょうか

 

あまり疾患と関係ないと思っていた人もいると思いますが、こうして見ると結構重要な要因になっているということに気がつくのではないでしょうか。

 

当サイトでは腰の専門家による改善方法を紹介しているマニュアルを紹介しています。

 

医師に相談しながら取り組むことができるので悩んでいるならまずは取り組んでみてはどうでしょうか。

 

そのままにしていると症状が慢性化する可能性があるので注意が必要だと思います。

 

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ : 

こんな人は腰痛になりやすい こんな人は腰痛になりやすい 足の形状が悪い

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る