坐骨神経痛は病名ではない

腰痛を早く治す方法

坐骨神経痛の症状と原因対処

よく整形外科に行くと耳にするのが、坐骨神経痛という言葉ですね。

 

あなたも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。何となく腰に関連するのではないかと思われる病名という感じ位に思っているのではないでしょうか。

 

実際に結構勘違いしている方が多く、病名ではないという噂が本当なのかしっかりと説明しようと思います。

 

結論から言うと坐骨神経痛というのは病名や疾患名ではありません

 

では何なのかと言うと、いわゆる頭痛や腹痛といった症状の総称という事になります。つまり坐骨神経痛という疾患名の病気ではないのです。

 

坐骨神経痛とは何なの?

2014y11m30d_221339022

 

坐骨神経痛とは腰椎や骨盤のあたりにある、太い坐骨神経という神経が刺激を受けることによって痛みが発生することを坐骨神経痛といいます。

 

坐骨神経痛は特異的腰痛の代表的な「椎間板ヘルニア」でも発生します。椎間板が変形して飛び出した部分が坐骨神経を刺激して、坐骨神経痛が起こるという事も珍しくないです。

 

他にも原因不明な非特異的なケースでも坐骨神経痛は結構あります。筋肉の炎症や硬くなることで、坐骨神経を圧迫することで坐骨神経痛になったりするのです。

 

という事で、坐骨神経痛が病名ではないというのはホントになります

 

意外と勘違いして病名だと思っている人が多いので、しっかりと坐骨神経痛が何なのか理解しておきましょう。

 

あくまで坐骨神経痛とは症状だということがわかりますね。

 

でもこういった感じの書き方だとなんとなく病名だと思ってしまうのは無理のない話しだと思います。

 

私も調べる前までは普通に病名だと思っていたので、私のように勘違いしていた人も多いのではないでしょうか。

 

直接改善とは関係のない話ですが、一応知識として知っておくといいと思います。

 

こうして見ると意外と勘違いして理解していることって多いですよね。

 

当サイトではそんな坐骨神経痛のような症状を改善できる方法を紹介しているので参考にしてみてはどうでしょうか。

 

坐骨神経痛やぎっくり腰は原因不明腰痛?

2015y11m07d_155139399坐骨神経痛やぎっくり腰と医師に診断されると何となく原因もわかって対処方法も明確などのではないかと思いがちですが、実際にはそんなこともないです。

 

坐骨神経痛は総称なので、どの組織に何が起こったのか、精密機器で検査しても原因が厳密に断定できないことの方が多いです。

 

これはギックリ腰でも同じ事で、医師にぎっくり腰や坐骨神経痛ですねと、言われても原因はほぼわかってないです。

 

そのため大体の病院では痛み止めなどが処方されて終わりです。当サイトでも度々記載していますが、ほとんどの腰痛の症状は原因不明です。

 

腰痛の約85パーセントくらいは原因がよくわからない腰痛だといわれているくらいなので、むしろ原因がはっきりしている腰痛の方が珍しいくらいです。

 

坐骨神経痛やぎっくり腰が一度発症すると後々まで腰に影響を与えるのはこういった背景があるのだと言われています。

 

そんな原因不明のぎっくり腰や坐骨神経痛への対処方法ですが、正直病院でもよくわkらないのにあるのかと思われがちですが、専門家に相談しながら改善することは可能です。

 

当サイトでは腰痛マニュアルを紹介しており、専門家に相談しながら改善することができるので多くの人の腰痛を改善している方法なので参考になると思います。トップページからご覧ください。

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ :

腰痛改善の噂

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る