変形性脊椎症ってどんな腰痛

腰痛を早く治す方法

変形性脊椎症ってどんな腰痛なの?

変形性脊椎症は腰椎に見られる変形性による腰関連の疾患の代表のような症状になります。

 

具体的には椎体の過度に棘やくちばし状の骨が出てくる骨棘のようなものが形成される症状です。

 

進行してしまうと、上下の椎体の骨棘がつながってしまって、橋を架けたような状態になってしまうことがあります。

 

ちなみに変形性脊椎症は腰痛を伴って、他の腰関連の疾患がなく、レントゲンで変性が確認できたときにつけられる病名です。

 

つまりは病院に行ってしっかりと症状などが判明する痛みと言えると思います。

 

変形性脊椎症の特徴とは

 

2014y05m25d_161830479

 

変形性脊椎症は加齢によって発症することがわかっており、発症率も加齢によって高くなります

 

具体的には30代では30%、40代だと40%、50代以上になると90%という結果になっています。

 

こうしてみても年齢が高くなるとより多く見られるということがわかります。

 

原因は椎間板内の内圧が減少して椎間板の厚みが減って、椎間隔が狭くなってしまって軟骨が変性してしまったのが原因と言われています。

 

骨棘は加齢による変化によって発生しますが、まったく痛みがないというケースもあります。

 

また痛みとはいっても椎間板ヘルニアのように足のしびれなどはないのが特徴です。

 

よくあるのが、朝起き上がったときやトイレに立つときなど動き始めの動作の際に痛みがでるのが特徴になります。

 

病院で判明する疾患なのでとりあえず病院でどんな症状なのか確認するといいと思います。

 

変形性脊椎症など腰の痛みで悩んでいるなら下記で紹介している改善法を試して見ませんか?

 

専門家によるマニュアルになっており、サポートもついているので症状を相談しながら取り組むと改善が可能になります。

 

ちなみに無料診察券がついているマニュアルも載せているのでそれを利用しながら改善してみるといいと思います。

 

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ : 

腰に関する疾患情報 腰に関する疾患情報 腰部変形性脊椎症

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る