外反母趾の人は腰痛になりやすい

腰痛を早く治す方法

外反母趾の人は腰痛になりやすい

外反母趾は足の形状異常では非常に有名なので、耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか?

 

外反母趾は足の親指がつけ根から人差し指側に曲がっているのが「外反母趾」になります。

 

ハイヒールを履く習慣のある人や、靴による圧迫が原因でなるという人が多いです。

 

外反母趾は遺伝や病気で起こることがありますが、多くの場合は後天的な事で、生活習慣が原因になっているケースが多いです。

 

なりやすい人は、中年以降の女性に多く見られますが、実際には男女関係なく、骨格が柔らかい方が血流障害などを起こすと外反母趾になりやすくなります。

 

外反母趾が与える影響とは?

2014y12m04d_221953444

 

外反母趾は足の指の変形に伴って痛みが生じるようになってしまうので、普段の歩き方に大きな影響を与えます。

 

歩き方の乱れによって、筋肉のバランスが乱れ、ひざや股関節、さらには腰や上半身にも影響が出るようになります。

 

歩いていても疲れやすいのが特徴になっており、足の指を使わないで、ペタペタ歩く方に多く見られます。

 

外反母趾がここまで影響をあたえるということを知らなかったと言う人も多いのではないでしょうか。

 

思い当たる節があるならできるだけ早めに改善するような取り組むをするといいのではないでしょうか。

 

歩くことは誰もが行うことで、多くの痛みの原因となっている非常に大事な部分になります。

 

歩き方って人に指摘されないと意外と気が付かないので、そのままにして症状が悪化してしまっていることが結構多いです。

 

※歩き方の異常と腰痛になる原因

 

普段の歩く姿勢が症状に影響を与えるというのはこちらでご確認ください。

 

まずは外反母趾にならないように、あまりハイヒールの靴などを履かないようにしましょう。また靴を選ぶ際にもしっかりと、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

靴選びでも大分変わってくるので自覚症状があるなら是非取り組んでみてください。

 

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ : 

こんな人は腰痛になりやすい こんな人は腰痛になりやすい 足の形状が悪い

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る