寝る時や朝起きたときに腰が痛い場合の対処法

腰痛を早く治す方法

寝る時や朝起きたときに腰が痛い場合の対処法

ぎっくり腰でない場合でも、朝起きた時や寝る時に腰が痛いということがあります。

 

そういった場合は、薄すぎる敷布団が原因になっているという可能性があります。

 

また寝る際にはどういった姿勢で寝ると腰の痛みがなく快適に寝ることができるのでしょうか。

 

仰向けに寝る場合には足をあげた状態が比較的楽ですが、敷き布団が薄すぎると背骨が強く緊張して押し出されることがあります。

 

下記から詳細情報をご覧ください。

 

寝る時や起きたときに腰が痛い

 

2014y08m26d_133658435

 

敷布団はある程度薄いほうがいいですが、薄すぎると腰部の緊張を強めることがあるので、適度に腰部が沈んだほうが望ましいとも言えます。

 

ただ反対に敷き布団が深くて柔らかすぎると、骨盤が沈みすぎて、背骨のカーブが不自然になってしまいます。

 

ベッドのマットレスは柔らかくて沈み込みの大きいものが多いので注意が必要です。

 

そのため低反発マットレスのように沈み込むタイプよりも、高反発マットレスの方が腰痛対策には向いているかもしれません。

 

腰痛の際の寝具と寝る姿勢

 

背骨が正常な状態の場合にはせんべい布団で自然なカーブを保つことができます。

 

ただ背骨の緊張が強い場合には腰椎が痛みが強くなるので、敷き布団を2枚から3枚くらいで適度な深さを作るといいかもしれません。

 

また横向きで寝る場合には、背中を丸めて膝を抱え込むようなポーズをとるといいです。

 

たたんだタオルなどをウエストの下に入れると、布団が適度に沈んでいいと思います。

 

悩んでいる人は寝具選びにはかなり慎重になるので、どういったものがいいのか探すのは大変です。

 

プロや経験者にどんなものがいいのか参考にするといいかもしれないです。

 

私の場合は高反発布団を愛用しています。

 

下記から腰に違和感がある場合の有料マニュアルでの対処法を紹介しています。

 

専門家によるマニュアルなので、どうしても治したいと言う人はプロの方法で改善方法に取り組んでみてはどうでしょうか。

 

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ :  

日常生活で注意が必要な習慣 日常生活で注意が必要な習慣 睡眠の姿勢

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る