急性腰痛はアイシングによって痛みを和らげる

腰痛を早く治す方法

急性腰痛はアイシングによって痛みを和らげる

アイシングなどの痛みのある場所を直接処置する方法を物理療法といいます。

 

物理療法と言っても色々な方法があります。

 

そこでここではアイシングを使った急性期に効果のある方法を紹介しようと思います。

 

物理療法のなかで一番手軽にできて一般的なのは温度による刺激で痛みを和らげる方法になります。

 

まずは下記から詳細情報をご覧ください。

 

ぎっくり腰などの急性期の腰痛にはアイシング

 

2014y05m29d_152924542

 

痛い場合の行うアイシング(患部を冷やす)は炎症症状をともなう急性期に限られます。

 

患部周囲を冷やすことによって、毛細血管を収縮させて、炎症の拡大を抑える効果があります。

 

さらにアイシングで冷やすすことによって痛みを伝える感覚神経の速度を低下させる効果もあるので、鎮痛効果もあると言われています。

 

ぎっくり腰などの急性腰痛などに効果的なので是非試してみてください。

 

アイシング(冷却療法)のやり方と方法

 

アイシング(冷却療法)は自宅でも割と手軽にできる方法なのでやり方と方法を覚えておくと役立つと思います。

 

  • ビニール袋に氷を入れて袋の口を縛る
  •  

  • タオルなどを患部にかけるか、氷を入れたビニール袋をタオルでくるむ
  •  

  • 氷を入れたビニール袋を患部にあてる
  •  

    上記のような感じで行います。

     

    患部にビニール袋をあてる際は、腰を丸めて背筋を伸ばした状態で冷やすようにすると効果的です。

     

    アイシングは手軽に出来る対処療法なので是非やり方をマスターして万が一の場合に試してみるといいと思います。

     

    やはりこういった救急の方法を知っておくのは、知識として知っておくだけでもいつか役に立つと思います。

     

    実際に私も発症した際には試した経験があり、その効果を実感しているので試してみてはどうでしょうか。

     

    自宅で手軽にできるので是非試してみてください。

     

    ちなみに慢性的な症状のときに実践すると悪化する可能性があるので、急性の場合にのみ実践するようにしましょう。

     

    youtuutisakusabisusyouhin
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_youtsuukaizen_600x300

     

    タグ :   

    腰が痛い方必見!腰痛を治す方法 腰痛の原因と治療法

    この記事に関連する記事一覧

    TOPへ戻る