日常生活の動作でどれくらい腰に負担がかかるの

腰痛を早く治す方法

日常生活の動作でどれくらい腰に負担がかかるの?

腰にかかる負担は姿勢はもちろんですが、動作によっても変わってきます。

 

実際に日常生活のどんな動作でどのくらい負担がかかってくるのでしょうか?

 

まずは椎間板という背骨のクッションにあたる部分にかかる圧力で比較してみましょう。

 

具体的には下記から参考にしてみてください。

 

腰の椎間板にかかる圧力の比較について

 

2014y04m17d_204756590

 

まずはまっすぐに立った時の圧力を100にして比較してみましょう。

 

仰向けで寝た時には25で、横向きに寝た場合は75になります。

 

これに対して上体を前に軽く傾けると150イスにまっすぐに腰かけると140イスに腰けて上体を前傾にすると186の圧力がかかるようになります。

 

腰痛を訴えている人が、イスに座るより立っているほうが楽だという方がいますが、立っている方が圧力が低いからだということがわかります。

 

イスに座って前傾姿勢になるとかなりの圧力がかかるということは、デスクワークでの姿勢によって腰にかかる負担が違ってくるというのはなっとくできるのではないでしょうか?

 

立っているよりイスに座っている方が楽だと思いがちですが、イスに座っている方が大きな負担だということがよくわかります。

 

こうして具体的に説明するとデスクワークなどでイスに座っている人に異常が多いという理由がよくわかるのではないでしょうか。

 

こうして見ると確かに納得する部分がありますよね。また姿勢が崩れていることによってさらに大きな負担がかかるということなので、姿勢がどれだけ大事かと言うこともまた実感できるのではないでしょうか。

 

※イスに座ると椎間板に大きな負担

 

立っているよりイスに座っている方が椎間板に大きな負担がかかっています。

 

イスに座る姿勢が悪く、前傾姿勢になってるとさらに大きな負担が腰にかかるようになるので、注意するようにしましょう。

 

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ :   

日常生活で注意が必要な習慣 イスに座る姿勢 日常生活で注意が必要な習慣 生活習慣の改善で腰痛の再発防止

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る