椎間板ヘルニアの再発が繰り返す場合は手術も必要

腰痛を早く治す方法

椎間板ヘルニアの再発が繰り返す場合は手術も必要

椎間板ヘルニアは運動やエクササイズ等の保存療法がによって治療するのが基本です。

 

しかし再発を繰り返す場合には手術が必要なりケースもあります。

 

再発の予防としては、腹筋や背筋などの筋力強化や姿勢を正しくすることが大事になってきます。

 

ではどうして腹筋や背筋が椎間板ヘルニアの再発予防につながるのでしょうか。

 

筋力強化によるヘルニア再発予防

 

2014y06m14d_150308515

 

腹筋や背筋はいわば体が本来持っているコルセットのような役割があります。

 

つまりヘルニアがあっても、本来のコルセットである、腹筋や背筋の筋力があれば、ヘルニアと上手に付き合っていけるのです。

 

つまりヘルニアの改善のためには、ヘルニアに耐えられるような体作りが大事になってきます。

 

ヘルニアの再発が多い場合は手術が必要

 

上記のような筋力強化による再発予防などをしっかりとやっていもて、再発を繰り返す場合には手術が必要になる場合があります。

 

手術は神経を圧迫している髄核を摘出するラブ法や椎間板内圧を減少させて、ヘルニア塊の神経根への圧迫を改善する方法があります。

 

この圧迫を二次的に解除する経皮的髄核摘出術、レーザーによる腰椎椎間板減圧術などがあります。

 

ヘルニアは基本的には対処療法で改善を目指すのですが、症状が重い場合にも上記のような方法で手術することになります。

 

ヘルニアも含めて腰関連の疾患の多くは筋力を強化することで防げるものが多いので、再発を繰り返さないようにするためにも取り組むようにしましょう。

 

上記のような手術をしないで済むように、できるだけしっかりとヘルニア改善だけでなく、予防もしっかりと行うようにしましょう。

 

芸人の出川さんもヘルニアで手術したりしているので、結構一般的になってしまっているのが現状です。

 

それだけにしっかりとした再発予防の取り組みが大事になってきます。

 

治すよりはむしろその後の経過が大事になってくる疾患と言えるかもしれないですね。

 

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ :   

腰に関する疾患情報 腰に関する疾患情報 腰椎椎間板ヘルニア

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る