椎間板ヘルニアの症状について

腰痛を早く治す方法

椎間板ヘルニアの症状について

腰の疾患の中で一番有名な病気と言えば椎間板ヘルニアですよね。

 

椎間板は、椎骨と椎骨に挟まれた組織になっており、ちょうどその間でクッションのような役割をしている組織です。

 

外側は線維輪と言われている組織でできており、内側は髄核というゲル状の組織になっているのが特徴です。

 

椎間板ヘルニアとは上記で説明している髄核がドび出した状態を言います。

 

髄核が飛び出す原因とは

 

2014y05m02d_153144134

 

髄核は無理な姿勢などから、負担がかかってくることによって、線維輪に亀裂ができて、その亀裂を通って中の髄核が膨張したりして、出てきてしまったりします。

 

ただその出てきてしまう方向が、構造的に弱い部分になる背部に出てきてしまうことが多いです。

 

そこに通っている神経を圧迫することによって痛みがでるのが椎間板ヘルニアになります。

 

椎間板ヘルニアの症状とは?

 

椎間板ヘルニアの主な症状として腰痛はもちろんですが、坐骨神経痛なども出てきます。

 

他にも脚の知覚障害や筋力の低下、反射の異常なども起こるようになります。

 

さらに症状がひどくなると、ヘルニアの位置と圧迫される神経の関係から、体がどちらかに傾いて歪みを生じることがあります。

 

神経よりも外側にヘルニアが出てしまっている場合には、体はヘルニアが出てしまっている方向とは逆方向に傾きます。

 

そういえば芸能人だと出川哲郎さんがヘルニアで何度か手術を受けていることで有名ですよね。

 

テレビにも杖をつきながら出ていた時期があったりして、悪化すると日常生活にも影響を与えるようになります。

 

出川さんの例でもわかりますが、ヘルニアは再発しやすい疾患なので改善したからといって、予防を怠っているとまた再発する可能性があるので注意してください。

 

また当サイトではヘルニアを含めた腰関連の症状を改善するための、専門家によるマニュアルを紹介しているので是非参考にしてみてはどうでしょうか。

 

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ : 

腰に関する疾患情報 腰に関する疾患情報 腰椎椎間板ヘルニア 腰に関する疾患情報 頸椎椎間板ヘルニア

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る