椎間板ヘルニアは保存療法で治すのが基本

腰痛を早く治す方法

椎間板ヘルニアは保存療法で治すのが基本

椎間板ヘルニアというと治すのに手術をが絶対に必要だと思う人もいるようですが、基本的には保存療法で治すのが基本になります。

 

そのためヘルニアになったらすぐに手術をしなければならいと思うのは早計です。

 

しかしもちろん手術が必要になるケースもあります。

 

まずは下記から詳細情報をご覧ください。

 

ヘルニアで手術が必要なケースとは

 

2014y05m06d_151351968

 

ヘルニアによって尿がたまった感覚がなかったり、尿の出が悪くなったり、尿がもれる、あるいは便意がないなどの、膀胱や直腸障害が出てきた場合には手術が必要になります。

 

これはヘルニアがたまたま真後ろに出てしまったために、馬尾神経を刺激して、障害を起こしてしまったことによります。

 

これをそのまま放置してしまうと、排尿障害が一生残ってしまうため、早急に手術が必要になります。

 

ヘルニアの治療はコルセット等を使う

 

上記の手術が必要なケースが以外の場合には、安静を保って痛みを軽くするのが一番大事になってきます。

 

医師はこの間は鎮痛消炎剤の投与を行います。

 

ただ痛みがひどい場合には麻酔剤を局所に注入するブロック療法がとられることがあります。

 

痛みがある程度軽くなってきた場合には、患部の緊張をほぐすホットパックや骨盤牽引などのリハビリテーションが行われます。

 

また椎間板ヘルニアの場合にはコルセット等の補装具を着用することがあります。

 

コルセットをつけると痛みが和らぐので、どうしても必要以上にコルセットをつけてしまいがちですが、ずっとコルセットに頼っていると筋力が低下して、再発しやすくなるので注意が必要です。

 

痛みが落ち着いてきたら医師の指示のもとで再発防止の療法を行いましょう。

 

ちなみに当サイトで紹介している有料マニュアルには、無料診察がついているものがあるので、それを活用してもいいと思います。

 

普通の病院と違って診察後でも、メールサポートを使って指示を仰ぎながら改善に取り組めるので安心して治すことあgできます。

 

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ :  

腰に関する疾患情報 腰に関する疾患情報 腰椎椎間板ヘルニア

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る