横向き寝の腰痛効果とそれ以外の効果

腰痛を早く治す方法

横向き寝の腰痛効果とそれ以外の効果

横向き寝は腰痛にいいという噂がありますが、実際はどうなのでしょうか?

 

また横向き寝をした際の他の部分への効果はどうなのでしょうか?他の部分への効果も知っておく必要があります

 

横向き寝と言っても、体を伸ばした姿勢と膝を軽く曲げて体を丸めた姿勢の2種類に分類できます。

 

実際に症状改善にいいのはどちらの姿勢なのでしょうか?

 

腰痛に効果的な寝姿勢とは?

2014y12m04d_165357851

腰痛に効果的な姿勢は体を丸めた姿勢の方がいいとされています。

 

理由は体重が分散されやすいというメリットがあるからです。痛みがある方は痛い方を上にして寝ると楽になります。

 

ちなみに寝る際に、左右どちらを下にして寝るかによって体に加わる影響が変わります

 

右側を下に向けた場合、消化を助ける作用があると言われています。

 

体の左側を下にして寝る場合は、体がリラックスできて疲労もとれる一方で、心臓を圧迫して負担がかかります

 

左を下にして寝ると消化に悪いので、不健康な睡眠とされています。

 

東洋医学では左右どちらを下にするといい?

 

東洋医学で左右どちらを下にするといいのかというのに興味のある方もいるのではないでしょうか?

 

東洋医学では、体の右側を下にして体を丸めて横向きに寝るといいとされています。

 

右側を下にして、ひざを軽く曲げ、体がS字になる姿勢をイメージするといいと思います。

 

右側を下にして体をS字にして寝るメリット

 

この姿勢のメリットは、心臓が圧迫されずに、消化吸収によく、気道がふさがれることもないので、呼吸が整って、全身がリラックスできると言われています。

 

負担がかからないので改善したい方にも向いた睡眠姿勢と言われています。

 

さらに効果的に横向き寝をするには?

 

さらに効果的に右側を下にした横向き寝をするには、抱き枕を使うと効果的です。

 

両膝の間に枕を挟むことで、負担が少なくなります

 

枕を挟むことによって安定感が増すので、リラックスして寝れる姿勢になります。

 

  • 横向き寝のポイントまとめ
  •  

      • 体の右側を下にして寝る
      • ひざを軽く曲げ体を丸める
      • ひざに抱き枕やクッションを挟むと負担が少なくなる

     

    ※具体的で参考になりますね。

     

    寝る際には横向き寝をするのがいいという事がわかりましたね!

     

    また横向き寝の中でも右側を下にした姿勢で、体をS字にした方が効果的だという事がわかりましたね!

     

    簡単にできるのでぜひ試してみてはどうでしょうか?

     

    youtuutisakusabisusyouhin
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_youtsuukaizen_600x300

     

    タグ : 

    日常生活で注意が必要な習慣 日常生活で注意が必要な習慣 睡眠の姿勢

    この記事に関連する記事一覧

    TOPへ戻る