正しい姿勢を保つ方法とは?(姿勢を正して腰痛改善)

腰痛を早く治す方法

正しい姿勢を保つ方法とは?(姿勢を正して腰痛改善)

姿勢を正すことは見た目にも綺麗に映りますが、もちろんそれだけではありません。

 

正しい姿勢を保つことによって体の体重が綺麗に分散するので、腰にかかる負担も少なくなり、発症しにくくなる効果があります

 

改善予防で一番手っ取り早いのが普段の姿勢の改善にあるという事です。

 

 

では具体的にどのように正しい姿勢を保っていけばいいのでしょうか?

 

腹圧を意識して正しい姿勢を保つ

 

2014y05m25d_161830479

 

正しい姿勢を保つためには、当サイトでもよく紹介している仙骨と頭のバランスがしっかりとしている必要があります。

 

具体的にどうすればいいかというと、アゴをしっかりと引いて、「腹圧」の入った姿勢で立つ事が重要です。

 

ちなみに「腹圧」とは「腹腔内圧」呼ばれるものになります。

 

人間が重力に逆らって立って生活する為には筋肉が必要になります。その中でも一番重要とされている筋肉のいくつかが体幹部にあります。

 

息を止めてお腹をへこませる時に力が入る筋肉がそれに相当します。「腹圧を入れる」という事はこのようにお腹のなかの圧力を上げることをいいます。

 

実際に姿勢を整える場合に、息を止める必要はないですが、おへそ辺りから指に二本分くらい下の部分に「丹田」という部分があります。

 

そこにちょっと力を入れるような意識で立つようにすると、自然と必要な筋肉に適度な力が入って姿勢が整います。

 

まずは息を止めてお腹をへこませたりして、丹田の位置をなんとなくつかんでみるといいと思います。

 

それから丹田を使って姿勢を整える練習をしてみてはどうでしょうか?

 

姿勢矯正のポイントとは?

 

また腰部への負担を軽くするには断っているか座っているか問わずに、腰椎が適度に前弯していることがポイントになります。

 

そのため正しい姿勢を保つためには腰椎だけでなく、胸椎や頚椎のカーブを小さくすることも合わせて必要になります。

 

姿勢矯正の手順は骨盤の傾斜を操作しやすいような姿勢から始めるようにしましょう。

 

そしてアゴを引いて胸を張って肩甲骨を背中の中央に引き寄せるようにします。

 

次はその姿勢を保ちつつ、骨盤を座面上で前に倒したり、後に倒したりを繰り返して腰椎の前弯を増減させて、ちょうどよい中間的な位置を探します。

 

それからそれを体に覚えさせるようにしましょう。

 

そして一度姿勢を崩してから、先ほどの良い姿勢に戻すような練習をするようにするといいです。

 

こういった方法で簡単に正しい姿勢を保つ練習ができるので試し見てはどうでしょうか。

 

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ : 

腰痛の基本情報

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る