腰痛を早く治す方法

腰痛を早く治す方法

洗濯物や高いものを取る際の起こる腰痛

意外と知らない人もいるかもしれないですが、洗濯物を干す際などの、頭の上に手を伸ばす動作も腰痛を起こしやすいものです。

 

しかししっかりとした注意点に配慮するようにすれば、十分に腰痛は防ぐことができます。

手を頭上に伸ばす動作は、肩甲骨や肩関節の動きによって実現しています。

 

そのため肩の動きに制限があったり、筋力低下を起こしたりすると、肩の動きを補佐するために、腰が反るようになってきます。

 

さらに対象物を見上げようとすると、頚椎が反るようになり、またそれによって腰椎もいっそう反りやすくなってしまいます。

 

そうなると背筋が疲労してしまって徐々に腰に痛みを感じるようになってくるようになります。

 

もし対象物が重い場合は、さらに腰椎に大きな負担がかかるようになってしまって、ぎっくり腰などの急性腰痛が発症する可能性があります。

 

腰痛を起こさない高いところのものを取る工夫

2015y02m21d_140017797

上記で示したように高いところにあるものを取ったりすると腰椎や頚椎に負担がかかって腰痛を起こす可能性があります。

 

しかし簡単な工夫でそれを抑えることは十分に可能です。

 

  • 足台を用意しよう
  •  

    一番簡単にできる方法は対象物の位置をできるだけ低くするようにする方法です。

     

    足台を用意するだけでも負担はかなり違ってくると思うので是非試してみてはどうでしょうか。

     

  • 肘を伸ばさないと作業ができない場合
  •  

    肘を伸ばさないと作業ができないような場合は、まずは足を前後に軽く開くようにして前方の足に体重を乗せるようにします。

     

    そして腹筋を緊張させて腰が反らないようにしてから、前方の股関節を伸展させるようにします。

     

    最後に体を少し後傾させます。作業する際にはできるかぎり肘を高い位置に上げて、手先に余裕を持って行うようにするといいです。

     

  • 高い位置にある重量物を下ろす
  •  

    高いものを下ろす際には、重量物を載せる台を用意して重量物の真下で作業を始めます。

     

    頭上で物を取ったら、両肘を曲げて肩に載せ、肘を曲げて肩から台の上に移すようにします。

     

    台がない場合には、片膝をついて重量物を下ろすようにするといいです。

     

    こういった簡単な手順を守るようにするだけでも、腰に急激な力を加えることなく作業を行えるようになります。

     

    洗濯物を扱う際にもこれと同様の動作をするようにするといいかもしれないですね。

     

    仕事などで重いものを取る際や下ろす際にもこういった事を意識するだけで大分違ってくると思います。

     

    youtuutisakusabisusyouhin
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_youtsuukaizen_600x300

     

    日常生活で注意が必要な習慣 日常生活で注意が必要な習慣 歩く姿勢の影響

    この記事に関連する記事一覧

    TOPへ戻る