病院で腰痛はどのように問診や診断される

腰痛を早く治す方法

病院で腰痛はどのように問診や診断される

腰痛などで病院に受診した患者はどのような感じで問診や診断されるのでしょうか?

 

痛みの場合の問診についてはある程度答えを準備してから受診すると効率的です。

 

医師が患者さんにうかがう問診の項目はどれも診断には欠かせない重要な情報になります。

 

患者さんのとっては痛くてそれどころではないかもしれませんが、痛みの種類やその範囲をできるだけ正確に伝えることは非常に大事になってきます。

 

腰痛の問診項目とは

 

2014y05m08d_154824828

 

病院に行く際にはまずは下記のような項目を参考にしてみてはどうでしょうか。

 

  • 主訴
  •  

    どこが痛むか。またどのように痛むのか

     

  • 現病歴
  •  

    発症の時期と原因と経過について聞かれます。

     

    また妊娠中や妊娠の可能性がある場合にはレントゲンが撮れないです。

     

  • 腰痛の部位や性質
  •  

    どのような姿勢や動作をすると腰が痛むのかなど。

     

  • 性別と年齢
  •  

    男女の性別と受診時の年齢になります。

     

  • 生活習慣
  •  

    現在している仕事についてになります。

     

  • 既往歴
  •  

    これまでどのような病気をしたのか聞かれます。またアレルギーの有無も聞かれるのでしっかりと伝えましょう。

     

  • スポーツ歴
  •  

    どのような運動をしているのか。あるいはどのような運動をしていたのか聞かれます。

     

    上記のような事は診断や治療をする際には非常に大事なってきます。

     

    できるだけ正確に上記のような事を伝えるのようにしましょう。

     

    曖昧に答えてしまうと医師も判断に迷うので、細かい部分まで性格に伝えるためにも気がついたことはメモしておくのがいいかもしれないですね。

     

    また少しでも不安がある場合には、遠慮なく申し出るようにしましょう

     

    youtuutisakusabisusyouhin
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_youtsuukaizen_600x300

     

    タグ :   

    腰痛の基本情報

    この記事に関連する記事一覧

    TOPへ戻る