筋筋膜性腰痛の原因と詳細情報

腰痛を早く治す方法

筋筋膜性腰痛の原因と詳細情報

筋筋膜性腰痛は聞いたことがないという方も多いですが、病院で原因が診断できない非特異的ケースで最も多いのがこの「筋筋膜性腰痛」になります。

 

この症状は痛みが現れたとしても、原因が別の部位にあることが少なくないので原因が分かりにくいのが特徴です。

 

筋膜は下股や背中、お腹、肩や腕などともつながっているので、悪い生活習慣が原因になっている可能性があります。

 

具体的にどのような症状が出るのでしょうか?

 

筋筋膜性腰痛の症状とは?

2014y04m24d_154233159

 

筋筋膜性腰痛は何気ないちょっとした動きで、腰や背中の筋肉が「ピキッ」と痛みを生じて、そのまま同様の症状が続く症状になります。

 

世間でよく言われている「すじ違い」と言われているような症状をイメージするといいと主ます。

 

痛みが出る姿勢や動きについては、痛めた筋肉の場所によって人それぞれ違ってくるのが特徴になり、一概に言えないところがあります。

 

筋筋膜性腰痛の原因とは?

 

原因は日ごろの姿勢についての原因が多いです。

 

例えば日ごろから姿勢が悪かったり同じ姿勢で長時間いることで、筋肉線維を包む筋膜が硬化してふとした動きの中で炎症を起こすことが原因として多いです。

 

筋膜には神経細胞があるので、「すじ」が腫れたり重なっているように感じます。

 

原因としてはよくある事例なので、やはり普段からの正しいし姿勢を身につけることが大事になってくるということだと思います。

 

そのまま放っておくと悪化してしまう!

 

筋筋膜性腰痛を発症していて、痛みを我慢してそのままにしていると、痛みが慢性化してしまい、患部周辺の筋肉がさらに硬くなってしまいます。

 

そうなると椎間板症椎間板ヘルニアになったり症状がさらに進展することがあるので注意が必要です。

 

椎間板症や椎間板ヘルニアになると病院での治療が必要になり、症状回復までにかなり時間がかかるようになるので、この段階でできるだけ早く対処をするようにするといいです。

 

悪化するとヘルニアなどの厄介な症状に発展しますが、できるだけ早めに対処できるようになればそれを防ぐことができるので、すじ違いのような症状があると感じたら病院で診察してもらってはどうでしょうか。

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ : 

腰に関する疾患情報 筋筋膜性腰痛 腰に関する疾患情報

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る