筋筋膜性腰痛の治療法と治し方

腰痛を早く治す方法

筋筋膜性腰痛の治療法と治し方

筋筋膜性腰痛はそこまで重度の症状ではないですが、数日間経っても痛みが取れないので病院に行くというケースが多い疾患になります。

 

筋筋膜性腰痛は老若男女に関係なく起こる可能性がある疾患になります。

 

ただその中でももっとも多く症状が報告されるのが、20代の若い女性になります。特に細身で筋力の弱い女性に多く見られるようです。

 

若い女性の場合、長時間のデスクワークや、ハイヒールの着用、さらに重いバッグを持っての営業などで、筋肉が硬くなって発症するようです。また運動不足も原因になります。

 

筋筋膜性腰痛の具体的な改善法と治し方とは?

 

2014y05m10d_153432169

 

筋筋膜性腰痛はよくある症状なので、普通にマッサージに行く方がいますがこれは間違いです。

 

マッサージをすることで、本来は痛みを散らせばいい所が、痛みがマッサージによって深いところまではいってしまうので、慢性症状に悪化してしまうケースがあります

 

お金を払って間違ったマッサージ方法や、放置してしまうことで、腰部椎間板症の原因になる可能性もあるので、間違った治療法はせずに、初期の段階で治すことがポイントになります。

 

症状は人によって違ってくるので一概に万能は治療法というのは難しいです。

 

ただマッサージをするよりは「さする」方が効果が高いといわれています。

 

また発症したばかりの場合で、患部に多少の熱感がある場合は、まずアイシングをするといいです。

 

痛みが広範囲にある場合は、患部を特定する必要があるので、アイシングをすることによって、うっ血しているであろう悪い部分が赤く浮き出てくるので患部の特定もできます。

 

ある程度痛みが和らいできたら、患部を軽くさすったり、エクササイズをしたり、キネシオテープを貼って数週間くらいで治るようです。

 

筋筋膜性腰痛は疾患としては非常にポピュラーな症状なので対処法は知っておくと将来役に立つ事もあると思います。

 

これが痛みの原因になっていることが結構あるので、専門家と相談しながら自分だけにあった方法で改善に取り組みたいなら、当サイトで紹介している医師のサポートの付いた改善マニュアルを利用してみてはどうでしょうか。

 

是非参考にしてください。

 

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ :   

腰に関する疾患情報 筋筋膜性腰痛

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る