鍛えている人が腰痛になる意外な原因

腰痛を早く治す方法

鍛えている人が腰痛になる意外な原因とは?鍛える際の注意点とは!

運動してなかった人や、筋肉の弱い人が腰痛になりやすいという事はよくわかると思いますが、筋肉がある人でも腰痛になるという現実があります。

 

それだと筋肉があってもなくても、疾患は発症するということなのでしょうか?

 

それも違います。では筋肉があってもなる意外な理由とはなんなのでしょうか?

 

筋肉を鍛えている人でも症状が出るのは、筋力のバランスが崩れているからです。

 

まずは下記から具体的な内容をご覧ください。

 

筋力のある鍛えている人が腰痛になる原因

 

2014y12m06d_164133347

 

筋力がある鍛えている人がなる原因で多いのが、体の全面の筋肉と背面の筋肉のバランスが崩れているという事です。

 

多いのが、腹筋や大胸筋が発達している方にこの傾向が強いようです。

 

どういう事かというと、腹筋や大胸筋というのは鏡の前に立つとよくわかる部分なので、トレーニングをしている人は、どうしても腹筋や大胸筋を鍛える傾向にあります。

 

見た目を気にしている熱心な人の場合に多いので、注意してください。

 

ただその際に前面の筋肉ばかり鍛えて、背筋や肩甲骨の周りの筋肉のトレーニングがおろそかになったりしてしまいます。

 

これが筋力のバランスが崩れる原因になります。

 

筋力のバランスが崩れるとこうなる

 

腹筋と背筋のバランスが極端に悪くなってしまうと、「猫背」になりやすくなります

 

さらに大胸筋と肩甲骨周りの筋力のバランスが悪い場合は、両肩の位置が前に出やすくなるので、これも「ねこ背」になりやすくなります。

 

ねこ背になってしまいますと、首や肩に負担がかかってしまい、頭と仙骨のバランスも大きく崩れてしまいます。

 

そうなると腰にも負担がかかるようになってしまい発症に至るという流れになります。

 

男性の場合だと腹筋ばかり鍛え手いる人というのも結構多いのではないでしょうか。

 

気持ちはわかりますが、バランスよくやらないと悪影響を与えることになるので注意が必要になりそうですね。

 

そうは言っても個人だとやはり限度があるので、専門家に相談しながら実践するのが一番かもしれないですね。

 

※筋力はバランスよく鍛える

 

見た目を気にして見える部分の筋力ばかり鍛えているとなりやすいという事ですね。

 

予防のために筋力を鍛える場合も同じことが言えそうですね。筋力をつける場合はバランスよく鍛えることが大切だということがよく分かると思います。

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ :  

こんな人は腰痛になりやすい こんな人は腰痛になりやすい 筋力不足や筋肉のバランスが悪い

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る