股関節を痛めたことがある方や太ももの裏の筋肉が硬い方の腰痛

腰痛を早く治す方法

股関節を痛めたことがある方や太ももの裏の筋肉が硬い方の腰痛

下半身にの筋肉が硬かったり、痛めたことがある方はそれが影響で腰に異常がでることはよくあります。

 

筋肉を鍛えることも重要ですが、硬い筋肉ではなく、柔軟性のある筋肉にすることが大切になります。

 

そのためにも日ごろの生活習慣でストレッチなど筋肉を動かすことは大事になります。

 

まずは下記から股関節と太ももについての詳細情報をご覧ください。

 

股関節を痛めたことがある方

 

これまでに股関節を痛めたい経験がある方は、かなり腰痛になりやすいです。

 

股関節を痛めた方はインナーマッスルが硬くなっていることが多いです。

 

そのためにも太ももやお尻まわりのストレッチと併せて股関節がスムーズに動くようにしておくことが非常に重要になってきます。

 

股関節の動きをスムーズにして柔軟性を高めましょう。

 

太ももの裏側の筋肉が硬い方

 

2014y04m13d_160006762

 

ひざを痛めたという経験がない方でも太ももの裏側の筋肉が硬くなっている方は結構います。

 

太ももの裏側の筋肉が硬い方はお尻まわりの筋肉や股関節周りの筋肉も硬くなっていることが多いので異常をきたしやすくなります。

 

痛みと直結している部位だけに、柔軟性を高めて腰の痛みの原因にならないようにストレッチしておくことが大切になってきます。

 

異常は意外なところから発生している可能性が高いのでもし心当たりがあるなら積極的に取り組んでみてはどうでしょうか。

 

そうは言っても昔のことだと気が付かない人や忘れている人もいるのではないでしょうか。

 

そこで当サイトでは専門家による改善マニュアルを紹介しているので、そこで専門家に相談しながら自分の症状を伝えて効果的な改善方法をレクチャーしてもらうのもいいと思います。

 

自分で判断するより専門家に判断してもらうほうが確実なのは間違いないです。

 

※筋肉を硬くしない

 

股関節や太ももの裏側は腰に直結する部分なので柔軟性のある筋肉にしておくことが異常を防ぐポイントになります。

 

ケガをした場合は筋肉が硬直し易いので、しっかりとストレッチを行うようにしましょう。

 

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ :   

生活習慣の改善で腰痛の再発防止

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る