肩こりや五十肩(四十肩)の症状と原因

腰痛を早く治す方法

肩こりや五十肩(四十肩)の症状と原因

肩こりや五十肩(四十肩)で悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

 

そもそも肩こりと腰痛って関係あるの?と思う方もいるかもしれませんが、肩こりの人は腰痛も患っている人が結構多いです。また反対に腰痛を患っている人も肩こりになっているという人も結構います。

 

そのため肩こりとの関連性が気になっている方もいるのではないでしょうか?

 

肩と腰は一見離れているので、関係ないように見えますが、背骨や筋肉によってつながっているので、どちらかに異常が出てくると、その影響がもう一方の方に出やすくなっているのです。

 

肩こりと腰痛の両方を持っている人が多いのはそういった理由があります。

 

確かに納得できると思い当たる人もいるのではないでしょうか?ちなみに私はばっちりとこれに当てはまっています!

 

では肩こりの原因にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

肩こりの原因について

 

2014y12m03d_162309214

 

肩こりの原因で一番多いとされているのは、姿勢の乱れにあります。この部分はやはり共通するものがありますね。

 

肩こりの原因は他にも、目の疲れからくるケースもあります。ただ眼精疲労の場合も姿勢が乱れている方も結構多いです。

 

眼精疲労から目をしかめて次第にアゴが前に出てくる姿勢になり、姿勢の乱れになってきて肩こりを誘発します。

 

特にパソコン作業などをしていると肩がこるということが多いですが、こういった部分に要因があるんですね。

 

近年はデスクワークをする人が多くなってきているので、疲れ目を予防することでこういった症状も一緒に防ぐことができるということがわかりますね。

 

五十肩(四十肩)の原因について

 

五十肩(四十肩)も色々な原因から発症しますが、医学的には原因不明とされています。

 

ただやはり姿勢の乱れから発症するケースが多いようです。これも肩こりや腰痛と共通する部分ですね。

 

デスクワークによって方が前に出た姿勢を続ける事によって肩甲骨の動きが悪くなったり、PCの作業で、ひじを張ってキーボードの作業を長時間続ける事によって、腕の筋肉が疲労して、肩関節の動きが悪くなる事から発症するケースが多いようです。

 

※共通する原因は姿勢

 

どれも姿勢が原因で発症するケースが多いようです。

 

腰痛も肩こりや五十肩(四十肩)も姿勢が原因で発症するという事は、どれだけ姿勢が悪い人が多いかということがよく分かると思います。

 

また普段からの姿勢がどれだけ大事かということも分かりますね。

 

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ :  

腰に関する疾患情報 肩こりや五十肩(四十肩) 腰に関する疾患情報

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る