背骨の構造について

腰痛を早く治す方法

背骨の構造について

腰痛について詳しく知るためにはしっかりと背骨の仕組みを知っておくといいと思います。

 

背骨は腰の痛みと非常に係わりが深いので、しっておくと自分の痛みの原因について深く知ることができます。

 

背骨は脊柱といい、上から頸椎、胸椎、腰椎、仙椎、尾椎に分けることができます。

 

具体的な背骨の仕組みについては下記からごらんください。

 

背骨の構造と仕組みとは?

 

2014y04m19d_150254518

 

頸椎は7個、胸椎は12個、腰椎は5個の骨があります。

 

成人の場合は5個の仙椎がくっついて仙骨になり、3~6個の尾椎がくっついて尾骨を形成しています。

 

また仙骨の両側には耳のような形をした寛骨がついて骨盤を形成しています。

 

仙骨と尾骨はちょうど骨盤を後ろから支える壁になっています。

 

仙骨は腰痛と結構かかわりが深いので知っておきましょう!

 

脊柱は縦から見るとまっすぐになっていますが、横から見ると頸椎と腰椎では前方に凸の緩やかなカーブになっています。

 

これを生理的弯曲といい、前方にかーぶしている部分を前弯といい、後方にカーブしている部分を後弯といいます。

 

生理的弯曲によって体のバランスを保っており、姿勢を保てているのです。

 

人の姿勢は、後ろから見たときに骨盤の中央から背簿がまっすぐに伸びて、左右対称になっているのが理想的な状態です。

 

しかし実際には心臓や肝臓などの内臓が背骨の横にあるので、これらに押される形で背骨がカーブしていることが多いものです。

 

他にも日常の姿勢や動作の習慣による背骨の横のカーブもあります。

 

いずれの場合でも痛みがなければほとんど自覚症状はないので、鏡で注意深く正面の姿勢を見て、わずかに左右の非対称に気づく程度です。

 

※背骨の仕組みを理解しよう

 

背骨の仕組みは大きくは上記のような感じになりますが、一番腰と関係が深いのは腰椎や仙骨部分と言えると思います。

 

このあたりの仕組みは基礎知識としてしっておくと痛みの理解が早くなると思います。

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ :   

腰痛の基本情報

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る