脊柱管狭窄症はどのように発症する

腰痛を早く治す方法

脊柱管狭窄症はどのような原因で発症するの?

脊柱管狭窄症は50代以降の中高年の腰に負担がかかってよく発症する疾患になります。

 

原因としては先天性と後天性の2つの種類があります。

 

50代以降に発症することの多い疾患ですが、先天性のものもあるということを理解しておきましょう。

 

後天性の場合には椎間板へのストレスや疲労によって発症することが多いようです。

 

まずは下記から詳細情報をご覧ください。

 

脊柱管狭窄症の発症までの流れ

 

2014y05m08d_154848281

 

脊柱管狭窄症は他の腰痛と同じように、長期にわたって椎間板にストレスがまって椎間板内圧が減少して色々なトラブルが発症するようになります。

 

椎間板内の変性から黄色人体が肥厚してしまったり、椎間関節が肥厚変形してしまったりして脊柱管が狭くなってしまい、神経を圧迫することで痛みが激しくなります

 

脊柱管狭窄症の治療法とは

 

脊柱管狭窄症の場合も治療法は基本的には薬によって痛みを抑えて、コルセットなどを装着したりした理学療法を併用した保存療法がとられます。

 

他にも痛みがひどい場合には、椎間板ヘルニアの治療と同じように、局所麻酔剤を患部に直接入れる硬膜外ブロックが使われることもあるようです。

 

治療方法自体は基本的には他の病院での診察で判明するような痛みと同じような感じですね。

 

まずは病院で判明するのでしっかりと病院で疾患を確認してから治療にとりかかるようにしましょう。

 

治療方法自体はよくある方法なのでそこまで特殊な感じはしません。

 

ヘルニアの治療法も参考になるのでご覧になってみてはどうでしょうか。

 

運動療法も改善には効果的なので、悩んでいるなら下記の腰の痛みの改善マニュアルを検討してみてはどうでしょうか。

 

無料診察券があるマニュアルを紹介しているので、病院にいくならこちらに行ってしっかりと改善しても言いと思います。

 

脊柱管狭窄症は意外な理由でも発症する

2015y12m24d_145520082脊柱管狭窄症は中高年の人に多く発症する症状ですが、年齢が高いと安全面から手術を避けたほうがいいケースもあります。

 

そういった場合にはストレッチなどで改善していくのですが、腰痛の原因がわからないとなかなか改善が難しいです。

 

腰痛は痛みの箇所が原因とは限らないのでなかなか治療が難しいという現実があります。

 

例えばある脊柱管狭窄症の人は、以前に右足首を骨折したことがあり、それが不自然な角度で固まってしまい、スムーズに動かないような状態で、歩くときにそのまま歩き方が不自然な状態になっており、それが腰痛の原因だったということもあります。

 

この足首を治療することによって歩き方が解消されて、今までの痛みがなくなって普通に歩けるようになったというケースもあります。

 

足首の骨折の影響で長年その部分をかばった歩き方をしたことによって骨盤が傾いてしまって、さらに年齢的なことも重なったということです。

 

こうしてみると腰痛ではありますが、直接の原因が腰にはないことがわかるのではないでしょうか。

 

もし腰のリハビリをしたり、脊柱管狭窄症の手術をしても腰痛が治らないという場合には原因が別のところにあるのかもしれないですよ。

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ :  

腰に関する疾患情報 腰に関する疾患情報 腰部脊柱管狭窄症

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る