脊椎すべり症と脊椎分離すべり症

腰痛を早く治す方法

脊椎すべり症と脊椎分離すべり症とは?

脊椎すべり症や脊椎分離すべり症は椎体が前後にずれてしまうことで疾患を引き起こします。

 

こういったすべり症は中高年の方に多い腰の疾患と言われています。

 

そもそもすべり症とは具体的にはどのようなものなのでしょうか。

 

すべり症は縦に連なっている脊椎が前後にずれたもので、ずれた椎体が神経を圧迫することによって強いしびれや痛みを伴うことがあります。

 

脊椎の突起の両側に分離があると椎体の連結が不安定になり、すべり症になりやすくなります。

 

こういったすべり症を分離すべり症といいます。

 

他のも分離を伴わないすべり症もあります。

 

具体的には脊椎すべり症や変性すべり症がそれにあたります。

 

分離を伴わないすべり症とは

 

2014y05m03d_150314734

 

分離を伴わないすべり症は、椎間板が加齢によって疲労などで徐々に変性するのにともない椎間板内圧が減少することによって椎間関節が不適合を起こして椎体が前後に滑ってしまうこと言います。

 

こういった分離を伴わないすべり症の場合は中高年に多いです。

 

診断はレントゲンで判断されるので病院で発見される腰痛になります。

 

そういった意味では重症と言っていいケースかもしれないです。

 

ただ病院でしっかりと原因や病名も判明するので治療の指針は明確です。

 

すべり症の治療とは

 

すべり症の治療も基本的には保存療法になります。

 

薬物などの治療と合わせて、コルセットの装着や腰部の固定などやホットバックなどの理学療法も平行して行うようになります。

 

また下記では自力で腰の痛みを改善できるマニュアルを載せています。

 

改善実績がかなり高いマニュアルになっており、サポートも手厚いのでよかったらご覧ください。

 

ちなみに専門家による無料診察券がついているマニュアルも紹介しているので、それを利用して症状を確認してもらってアドバイスを貰うのもいいと思います。

 

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ :  

腰に関する疾患情報 腰に関する疾患情報 腰椎分離すべり症

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る