脊椎分離症はスポーツをする人に多い

腰痛を早く治す方法

脊椎分離症はスポーツをする人に多い

脊椎分離症は過度の運動をすることによって、椎体の突起部分が分離してしまったことを脊椎分離症といいます。

 

脊椎分離症は脊椎の一部が骨折して離れるというもので、椎間関節突起間部に見ることができます。

 

何となく痛みがすごそうな感じがしますがそうでもないです。

 

実はあまり激しい痛みを伴わないことが多くて、分離症だと気づかないケースがよくあります。

 

ときどき強く痛むという場合には、分離しているかもしれないです。

 

まずは下記から詳細情報をご覧ください。

 

脊椎分離症について

 

2014y04m15d_154618965

 

脊椎分離症は子供でも発症するケースがあります。

 

小学校高学年から中学生の子供の場合には一度専門医に見てもらうようにするといいです。

 

そのままにしていると悪化したり慢性化したりしてしまう可能性があります。

 

脊椎には左右両側に関節突起があって、分離症になると片側の突起間部分が分離するケースと両方とも分離してしまうケースがあります。

 

両方とも分離してしまうと、上位椎体は後方の下関節突起による制動を失ってしまうので、下位椎体の上を前方にすべってしまって、分離すべり症になってしまうことがあります

 

脊椎分離があると腰部が不安定になり、椎間板へのストレスを増すことになってしまって、椎間板ヘルニアが併発してしまうことがあります。

 

脊椎分離症は痛み自体はそこまで強くないかもしれませんが、悪化することや他の症状を併発するので注意が必要です。

 

何となく腰に異常があったら一度見てもらうといいと思います。

 

放っておくとこういった小さいときからの疾患はクセになる可能性があるのでしっかりと治しておくようにしましょう。

 

ちなみに当サイトでは専門家による有料マニュアルも載せているので参考にしてみてはどうでしょうか。

 

マニュアルには専門家による無料診察券がついているものがあるので、それを利用して専門家に見てもらいながら、相談して改善に取り組んでいくといいです。

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ : 

腰に関する疾患情報 脊椎分離症 腰に関する疾患情報

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る