腰が痛い場合のコルセットなどの補装具療法とは

腰痛を早く治す方法

腰が痛い場合のコルセットなどの補装具療法とは

腰が痛い場合に一番良く用いられるのがコルセットになります。

 

コルセットにはプラスチックなどの硬い素材でできた硬性装具と、布や弾力性のある素材でできた軟性装具の2つがあります。

 

またコルセット代わりに包帯やさらしなどを巻いて代用することも可能です。

 

ただ腰痛での使用は軟性装具が主体になっています。

 

具体的には下記から詳細情報をご覧ください。

 

補装具での腰痛治療の情報く

 

2014y05m27d_162351995

 

硬性装具は最近では重度の側弯があったり、腰椎が重度に不安定で、立っていたり座った姿勢を保つことすら困難な場合以外は、あまり使用されません。

 

一方で軟性装具はぎっくり腰などで、強い痛みのために日常生活が困難なときや、手術の直後などに一時的に使用されます。

 

コルセットを使用すると痛みが楽になるので、長期間使用しがちですが、長期間コルセットを使用すると、腰や腹筋が弱くなり、治療にマイナスとなってしまいます。

 

着用期間はできる限り短くすることが大切です。

 

スポーツをやっている人の場合は、サポーター式のコルセットを着用させる場合もありますが、こういったものも、痛みの軽減には役立ちます。

 

個人的にはぎっくり腰の時などの、痛みで病院に行けないような症状に効果的なので、万が一のためにあったほうがいいと考えています。

 

私もマイコルセットをもっておりぎっくり腰の際には活躍してくれました!

 

しかし長期間継続するとマイナス面が多くなります。

 

そのため、しっかりときちんとしたリハビリを受けて、症状を軽減させてからスポーツを行うようにするといいです。

 

発症する前まではコルセットなんて必要ないと思っていたのですが、いざ発症するとどれだけ必要なものかわかってくるんですよね。

 

ただ発症すると外出するのが困難になるので買いに行くこともできなくてどうしようもなくなってしまいます。

 

誰にでも発症する可能性があるので一つくらいは持っていたほうがいいです。私の経験談ですが参考にしていただけると幸いです。

 

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ :   

腰が痛い方必見!腰痛を治す方法 腰痛の原因と治療法

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る