腰が痛い場合の物理療法の役割について

腰痛を早く治す方法

腰が痛い場合の物理療法の役割について

物理療法には温熱療法やアイシングを使った療法があります。

 

他にも電気的な刺激を使う療法やマッサージを使った療法、さらには機械を使って腰を引っ張るという牽引療法なんかもあります。

 

物理療法ではそんな数ある物理的な療法の中でも自分に合ったものを選ぶ必要があります。

 

患者さんにあった療法を選ぶこちによって治療を有利に進めることが可能になります。

 

ただ注意が必要なのは、上記のような物理療法では症状を軽くすることは可能ですが、低下した機能を回復することはできません

 

では物理療法の効果とはどのようなものでしょうか?

 

物理療法の効果について

 

2014y05m31d_150006085

 

物理療法は自宅で手軽に行えるものから、機械を使ったものまでいろいろな物があります。

 

しかし物理療法の効果はそれ自体が、腰痛を治すという性質のものではありません。

 

運動療法は痛み改善を効果的に進めるための準備と理解したほうがいいと思います。

 

そういった理由から物理療法の効果について誤解しないようにしましょう。

 

ちなみに温熱療法と、アイシングについては自宅で簡単にできるので試してみるといいかもしれません。

 

電気を使った療法や牽引療法は専門の機械がないとできないので、あまりなじみはないかもしれませんね。

 

ちなみによくある低周波を使った治療は、電気療法ということになります。

 

このように疾患に対する物理療法自体にもいろいろとあり、どの疾患に効果的なのかも変わってきます。

 

例えばぎっくり腰の場合にはアイシングが効果的だと言われています。

 

状態によって効果的な方法は違ってくるので、しっかりと状態にあった方法を実践するようにすることが大事になります。

 

当サイトでは関連の疾患についての対称方法や予防方法を多数掲載しているので参考にしてみてはどうでしょうか。

 

また専門家による有料の改善マニュアルも紹介しています。無料診察券が付いているものもあるので、それで直接診察してもらってアドバイスを貰うのもいいと思います。

 

もちろんメールサポートも付いているので専門家に相談しながら物理療法のやり方なども決めることができます。試してみてはどうでしょうか。

 

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ : 

腰が痛い方必見!腰痛を治す方法 腰痛の原因と治療法

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る