腰が痛い場合の腰痛に使われる薬について

腰痛を早く治す方法

腰が痛い場合の腰痛に使われる薬について

腰が痛い場合は、本格的な治療の前に痛みを抑える方法がとられるのが通常です。

 

そこで痛みがある場合に使われる薬について具体的に紹介しようと思います。

 

またその薬がどのような症状の時に使われるのか説明します。

 

まずは下記から具体的な薬についてご覧ください。

 

腰痛に使われる薬について

 

2014y05m24d_153810729

 

下記で痛い場合の際に使われる薬について説明しています。

 

  • 消炎鎮痛剤
  •  

    消炎鎮痛剤は痛みの元になっている炎症を取り除く効果があります。

     

    また痛みも軽減してくれます。

     

    ただ胃腸障害などの副作用もあるので、胃薬と合わせて処方されます。

     

  • 筋弛緩剤
  •  

    痛みによって筋肉が緊張している場合に使われます。

     

    さらに腰やお尻にしこりがある場合にも使用されます。

     

    眠くなるという副作用があるので運転をする人には注意が必要です。

     

  • 循環改善作用剤
  •  

    体の末梢神経の血液循環を良くするために使われる薬になります。

     

  • 精神安定剤
  •  

    腰痛によって精神的に、うつ状態になったり、心因性の場合に使われる薬になります。

     

  • ビタミン剤
  •  

    体の疲れかくる腰の痛み、しびれなどの症状がある時に使われます。

     

  • 湿布薬
  •  

    湿布には消炎鎮痛作用の成分が含まれているものがあり、皮膚からも効くようになっています。

     

    かぶれがない場合は安心して使用することができます。

     

  • その他の薬
  •  

    他には脊椎カリエスや骨粗鬆症などがある時には、抗結核剤や骨の代謝改善剤などが使われたりします。

     

     

    痛い場合は上記のような感じで薬が用いられます。

     

    どんな薬がどんな症状で用いられるのか気になる方はぜひ参考にしてください。

     

    まあ、薬局とかで処方される際にしっかりと説明してくれると思いますが、自分に使われる薬がどのようなものなのか知ることも参考になるのではないでしょうか。

     

    薬から自分の症状がどんなものなのかを知ることも可能になります。

     

    また副作用についてはしっかりと理解しておかないと、知らなかったでは済まされないことがあるのできちんと理解しておくことが大事だと思います。

     

    youtuutisakusabisusyouhin
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_youtsuukaizen_600x300

     

    タグ :  

    腰が痛い方必見!腰痛を治す方法 腰痛の原因と治療法

    この記事に関連する記事一覧

    TOPへ戻る