腰の痛みはどこで感知されるの?

腰痛を早く治す方法

腰の痛みはどこで感知されるの?

腰の痛みというのは、通っている神経から、どこで発生したのかわかりります。

 

痛みというのはいろいろな部分が原因になっているので、非常にわかりにくくなっています。

 

しかし痛みが感知される場所がわかればある程度特定することが可能になるという事です。

 

まずは下記から詳細情報をご覧ください。

 

腰の痛みの感知場所とは?

 

2014y04m26d_152418806

 

腰髄神経から枝分かれした神経は、それぞれ分布する場所が違ってきます。

 

そのために、痛みの元がどこで発生したかによって、それをとらえる神経は違ってくるのです。

 

たとえば腰部の皮膚や皮下組織、筋肉に原因があるとすれば、後枝の外側枝によって痛みが感知されてます。

 

また椎間関節やその周辺の靭帯などに原因がある場合は内側枝によって感知されます。

 

椎間板や硬膜、その周囲に原因があれば、前枝の洞脊椎神経を刺激して、痛みとしてとらえられることになります。

 

あなたが痛みを感覚としてとらえるためには、これら知覚をつかさどる神経が痛みの刺激を脊髄神経を経て脳に送っているからになります。

 

あくまで参考情報ですが、痛みの個所によって感知する神経が変わってくるというのは一応知っておいてください。

 

痛みの発生した場所で神経が違ってくるならそこから痛みの原因を探り出すことも可能なるということですね。

 

まあそこまで具体的な部分は医者の問診などで詳しく聞かれると思います。

 

個人でこういったことまで探すのは難しいと思うので、痛みの原因については専門家に任せるのが一番確実だといえると思います。

 

また当サイトでは自力で腰の異常を改善できるマニュアルや方法を紹介しているので悩んでいるなら参考にしてみてはどうでしょうか。

 

マニュアルでは専門家による無料診察券が付いているの物があるので、それを利用して診察を受けてそこから具体的なストレッチや改善方法を聞くといいです。

 

また自宅では専門家のサポートが受けられるようになっているので、実践していて疑問に思ったことなども質問できます。

 

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ : 

腰痛の基本情報

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る