腰をひねると痛みがある腰椎終板炎の詳細と原因

腰痛を早く治す方法

腰をひねると痛みがある腰椎終板炎の詳細と原因

腰椎終板炎は椎間板に接している軟骨終板が炎症を起こすことによって、痛みが走る疾患になっています。

 

この腰椎終板炎もレントゲンなどで症状が見つかることが多いので、まずはしっかりと病院で診察を受けることが大事になってきます。

 

では具体的にどのような原因で発症するのでしょうか?

 

椎間板が固く変性している場合や、下半身の柔軟性に問題がある場合に発症することが多いです。

 

さらに具体的には下記になります。

 

スポーツによって発症するケースが多い

 

2014y05m04d_151430984

 

スポーツによって摩耗が起こり、発症するケースが多いです。

 

また下半身の柔軟性が低い状態でスポーツ等を行っていると、下半身への負担が大きくなってしまうので、生じやすくなります。

 

もっと具体的に言うと、ゴルフなどをやっていて発症したという話を聞きます。

 

ゴルフの練習中にクラブを振りおろそうとして発症したというケースもあります。

 

その人の場合も下半身の筋肉が硬かったため、終板が炎症を起こしたようです。

 

腰椎終板炎の場合はストレッチによる改善が可能なので試してみるといいと思います。

 

スポーツで発症することが多いので予防のためにもスポーツ実践前にもストレッチで体をほぐしておくといいのではないでしょうか。

 

スポーツが原因で起こるという場合は結構色々あるので注意が必要です。

 

またスポーツによって筋力の付き方によるバランスが崩れてしまって起こることもあるので以外と大きな要因になりっています。

 

スポーツをするなら筋肉を柔らかくすることはもちろんですが、左右の筋力のバランスも考えて鍛えるようにすることも大事になってきます。

 

※下半身の筋肉の柔軟性が大事

 

筋肉を硬くしないためにも日ごろからスポーツをする前に軽く柔軟をするようにするといいと思います。

 

また終板炎の場合は太もも裏側の筋肉が硬くなる特徴があるので軽くほぐすようにするのも効果的です。

 

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ :  

腰に関する疾患情報 腰に関する疾患情報 腰椎終板炎

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る