腰をひねると痛む脊椎側弯症の詳細情報を紹介

腰痛を早く治す方法

腰をひねると痛む脊椎側弯症の詳細情報を紹介

脊椎側弯症は腰を曲げたりひねると痛みが出るというタイプの症状になります。

 

脊椎側弯症は背骨が横側に曲がることで痛みが出るという疾患になります。

 

ただ脊椎側弯症は横に曲がるというだけでなく、部位によってはねじれが生じているケースが多いです。

 

症状によっては手術なしのエクササイズでも改善することができるので、まずは医師の診察を受けてどういう状態なのか診断してもらう必要があります。

 

どんな人が脊椎側弯症になりやすいの?

 

立ち仕事の腰痛

 

どのような人がなりやすいかというと、筋力が弱く姿勢が悪い人に多いようです。

 

若い人でも結構なる人が多く、特に細身の若い女性に症状が出る人が多いくなっています。

 

細みの若い女性の場合は筋力もあまり強くないので、そこから姿勢が悪くなって、脊椎側弯症になるケースがあるようです。

 

一見すると分かりにくいので、初期の状態で見つけるのは結構難しいです。

 

具体的には、左右の肩の高さが違ったり、左右のウエストラインが違う、オヘソが中心にない等の場合は脊椎側弯症の可能性があるので注意が必要です。

 

手術が必要か必要でないかは、レントゲンなどで弯曲の角度を見るまではわかりません。

 

エクササイズをする際にもあらかじめ、しっかりと医師の診断を受けてからにしましょう。

 

テレビや雑誌などで自己流のエクササイズなどを実践してしまうと、悪化する可能性があるので、専門家に相談しながら行うようにすることが大事になってきます。

 

当サイトでも自力で改善できる改善マニュアルを紹介しているので利用してみてはどうでしょうか。

 

幅広い症状に対応しており、医師にも相談できるようになっているので非常にオススメです。

 

※普段の姿勢に注意しましょう!

 

若い女性に多くなってきている脊椎側弯症ですが、やはり勉強の姿勢などから発症するケースが多いですね。

 

初期の症状では見た目から判断が付きにくいですが、何となく違和感があるのようなら一度病院で見てもらうといいと思います。

 

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ :  

腰に関する疾患情報 脊椎側弯症 腰に関する疾患情報

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る