腰部脊柱管狭窄症や腰を反ると痛みが激しい時のエクササイズ方法

腰痛を早く治す方法

腰部脊柱管狭窄症や腰を反ると痛みが激しい時のエクササイズ方法

腰部脊柱管狭窄症など、腰を反ると痛みがあるという方の為のエクササイズ方法を紹介しています。

 

反ると痛むという場合は、曲げる運動を中心に腰や背中やおしりの筋肉を伸ばすようにするといいです。

 

具体的な方法については下記を参考にしてください。

 

痛みが激しい場合は、負荷の大きなエクササイズをを避けるようにして、無理のない運動で、まずは痛みを改善するようにするのが一番です。

 

まだ激しい痛みがある場合は、完全に安静した方がいいと思いがちですが、そのままにしていると患部周辺の筋肉が硬化してしまうので、負担の少ない運動はした方がいいです。

 

痛みが引いたところで、基本的なエクササイズをするようにしましょう。

 

  • イス体操(1~2秒×10回) 2時間に1セットくらい

  • 1 足を肩幅に開いて、イスに座って両手で両足首をつかむ。

     

    2014y03m20d_153111266

     

    2 両手で引っ張るように、体を前屈させ、姿勢を1~2秒保ったら、1の姿勢に戻る。これを10回行って1セットとする。

     

    予防目的の場合は朝晩各1セット行うようにするといいと思います。

     

    脊柱管狭窄症などの症状を改善することができる専門家による対策方法を当サイトでは紹介してるいるので是非利用してみてはどうでしょうか。

     

    ちなみに体勢を丸めると痛むという人はこの方法は実践しないようにしましょう。

     

    しっかりと丸めると痛みタイプの場合のエクササイズ方法も紹介しています。

     

    丸めると痛む場合はこちらのストレッチを試してみてはどうでしょうか。

     

    ※激しい痛みの場合は負担の少ないエクササイズを!

     

    痛みが激しい場合は、まずは痛みを取るところから始める必要があります。

     

    そのためにも負担の少ない上記のようなエクササイズ方法をするようにしてください。

     

    youtuutisakusabisusyouhin
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_youtsuukaizen_600x300

     

    タグ :  

    腰が痛い方必見!腰痛を治す方法 腰に関する疾患情報 腰部脊柱管狭窄症

    この記事に関連する記事一覧

    TOPへ戻る