腰を曲げたり丸めると痛い場合のエクササイズ方法

腰痛を早く治す方法

腰を曲げたり丸めると痛い場合のエクササイズ方法

腰痛にも色々ありますが、曲げたり丸めると痛い場合のエクササイズ方法を紹介しています。

 

まだ痛みがひどい場合は「上体そらし」を実践するようにしてください。

 

ここでは上体そらしで強い痛みがなくなってきた場合のストレッチを紹介しようと思います。

 

まずは下記を参考にしてください。

 

  • ヒップヒンジ(3~5秒×5回)

  •  

    ヒップヒンジをすることで、日常生活での腰に悪い姿勢や動作を改善することができるので是非試してみてください。

     

    1 ひざを少し曲げて、股関節の前側に4本の指を当てて、足を肩幅程度に開いて立つ

     

    2 指で股関節を後方に押しかがむ感じ。腰を少し反らせて、胸を前に出してアゴを引く姿勢で3秒から5秒くらい保つ

     

    これを5回程度くりかえし1セットという感じにします。

     

    かがむ時はおしっこを止めるイメージ行うといいです。

     

    ※お年寄りの場合

     

    上記を立って行うのが難しいという場合は、イスに両ひじをついて、お尻を突き出しながら胸を張ってアゴを引く動作を行うといいです。

     

    2014y03m14d_162622501

     

  • ひざ立ち(2~3秒×3~5回)

  •  

    ひざ立ちはヒップヒンジと同様に、上体反らしである程度痛みが引いてきたら試すようにしましょう。

     

    上体反らしと併用して行うようにしてもいいと思います。

     

    1 両ひざを揃えて両足のカカトを立て、かかとにお尻を乗せるように座る。お腹を引き締め、背筋を伸ばしてアゴを引く

     

    2 両手を腰に当て、状態の姿勢を保ったまま、ひざから上が一直線になるようにひざ立ちの姿勢になる。

     

    2014y03m14d_163330922

     

    3 ひざから上の姿勢を保ったままで、できる歯にで前に体を倒して2~3秒止まって1の姿勢に戻る。

     

    4 同様にできる範囲で、上体を後方に倒して2秒から3秒止まってから1の姿勢に戻る。

     

    上記を3~5回行うのを1セットにします。

     

    基本的には自宅にあるようなもので簡単に実践できるので悩んでいるなら試してみるとどうでしょうか?

     

    私の場合は腰を曲げると痛むので、この方法を実践して痛みを和らげています。

     

    ※腰を反ると痛みがあるという方は実践しないでください。

     

    ※自宅で試してみてください

     

    ひざ立ちの方は少し難易度が高いかもしれませんが、ヒップヒンジの方は簡単にできると思います。

     

    最初はヒップヒンジの方を試してみてはどうでしょうか?慣れてきたらひざ立ちにも挑戦してみてください。

     

    youtuutisakusabisusyouhin
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_youtsuukaizen_600x300

     

    タグ :  

    腰が痛い方必見!腰痛を治す方法

    この記事に関連する記事一覧

    TOPへ戻る