筋筋膜性腰痛等の腰を曲げたり反ると痛い場合の基本エクササイズ

腰痛を早く治す方法

筋筋膜性腰痛等の腰を曲げたり反ると痛い場合の基本エクササイズ

筋筋膜性腰痛等の腰を曲げたり反ると痛い場合の基本的なエクササイズ方法について紹介しています。

 

もしまだ激しい痛みがある場合はこちらのエクササイズをして、痛みを和らげてから実践するようにしてください。

 

基本的なエクササイズはある程度痛みが引いてから実践するのが通常と考えてください。

 

まずは痛みが引いてから実践してほしいエクササイズ方法を下記からご覧ください。

 

基本的な腰痛エクササイズ方法について

 

反ったり曲げると痛い場合は下記の方法を実践するようにしてください。

 

  • ウォーキングや水泳などの全身運動

  •  

    ウォーキングや水泳などのあまり激しくない運動を疲労がたまらないくらいで行うようにしてください。

     

    大体週に1~2回位行うようにするといいと思います。

     

    よくリハビリにも使われる水泳なので効果は十分に期待できるのではないでしょうか。

     

  • ラジオ体操

  •  

    ラジオ体操も効率的に全身運動ができる方法の一つです。

     

    痛みがなくなったら試すようにしましょう。

     

    意外と思いつかない人も多いのではないでしょうか。ラジオ体操はかなり考えて作られているものなのでやってみるようにすればいいのではないでしょうか。

     

  • バランスボールやバランスディスクの使用

  •  

    2014y03m16d_152916704

     

    デスクワークなどでイスに長時間座るという方はバランスディスクを使用するといいと思います。

     

    その際にたまに骨盤を左右に動かすようにするといいです。

     

    また自宅でテレビを長時間座って見るという場合はバランスボールに座って観るようにすると効果的です。

     

    ※痛みが引いたら姿勢改善をするように

     

    痛みが引いたら、また腰に痛みが走らないようにしっかりと対策する必要があります。

     

    そのためにも姿勢を改善するようにするのが効果的です。最近では仕事場でバランスボールを使う所もあるみたいで、その効果が注目されています。

     

    youtuutisakusabisusyouhin
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_chiikibetsu_600x300
    bnr_youtsuukaizen_600x300

     

    タグ :   

    腰に関する疾患情報 筋筋膜性腰痛 腰が痛い方必見!腰痛を治す方法

    この記事に関連する記事一覧

    TOPへ戻る