腰椎分離すべり症と腰椎変性すべり症の詳細情報と治療法

腰痛を早く治す方法

腰椎分離すべり症と腰椎変性すべり症の詳細情報と治療法

腰椎分離すべり症は中年以降の男性に多く見られる腰痛になっています。

 

具体的にどのような状態なのかということ、分離症が起きて、分離した部分ガが前方にすべり出すことによって痛みが生じるという症状になります。

 

上記から分離すべり症は分離症になって、それからさらに悪化してしまったものだという事が分かると思います。

 

また分離すべり症になると腰部脊柱管狭窄症と合併してしまう事があり、そうなると手術が必要になって治りが悪くなることもあります。

 

2014y01m28d_151339566

 

ではもう一つの腰椎変性すべり症はどのような症状なのでしょうか?

 

腰椎変性すべり症とは?

 

2014y05m01d_155200400

 

腰椎変性すべり症の場合は、中高年の女性に多く見られる症状になっており、若いころにスポーツ経験がある方に多く見られる症状になっています。

 

特にバレーボールやテニスなどを子供のころにやっていた方で、子供のころに自覚していない分離症があった方が、筋力の低下によって、分離した部分が前方に押し出された状態になります。

 

この場合、軽度である場合は体幹の筋肉をつけることによって、分離部分が正しい位置に収まるようになります。

 

つまり軽い症状の場合はストレッチやエクササイズで改善することがあります。

 

ただその際は体の正しい姿勢を作るための基本的な筋肉が必要になります。つまり体の表層ではなく、内側の筋肉を鍛える必要があります。いわゆるインナーマッスル鍛えるという事になります。

 

ただ症状が軽い場合でも、しっかりと医師の診断は受けるようにしてください

 

間違ったストレッチをやエクササイズを行ってしまうと症状が悪化する可能性があるので注意が必要です。

 

またストレッチやエクササイズもコルセット等の装具をつけた安静期間が終わったら徐々に始めるという感じにしましょう。

 

安静期間が終わってすぐに、激しくストレッチやエクササイズをすると悪化させる可能性があります。

 

まずは無理をせずに徐々に患部を動かす感じで行うようにするといいと思います。

 

少しづつ着実に行うようにすることが大事になってきます。当サイトでも専門家によるエクササイズやストレッチなどの改善方法を紹介してるので参考にしてみてはどうでしょうか。

 

youtuutisakusabisusyouhin
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_chiikibetsu_600x300
bnr_youtsuukaizen_600x300

 

タグ :  

腰に関する疾患情報 腰に関する疾患情報 腰椎分離すべり症

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る